PCR検査

2022年01月18日

ロンドンでエネルギー補給(スウェーデンに戻りました)

1か月の年末年始休暇
彼氏とロンドンで過ごした娘です

楽しい休暇はあれよあれよと過ぎ
ついにスウェーデンへ戻る日がきました

ズボラでない父は、
日曜日の昔でいうサザエさんタイム?
旅行でいえば最終日?
とーーってもわかりやすくさみしんぼうになるタイプ(笑)

娘もまさにそんな感じになっていました。

日本からスウェーデンへ帰国したときもそうでしたね。
関空へいっただけでケロっとしてましたが

  過去ブログ:日本を出発してしまえば・・・(スウェーデンに戻りました)

別れはさみしいですが
このオミクロン騒ぎのなか
安全に感染せず彼との時間を楽しめたことは本当に貴重!

これからまたはじまる大学院生活に向けて
ガソリン満タン状態(←これも昭和表現となっていくのでしょうか・・?)
なのではないかしら

心だけでなく、
お腹もたくさん満たされたはず

ロンドンで食べてた美味しそうなもの↓

S__37019669
S__37019668
S__37019666
S__37019670

娘の胃をつかんでいる彼。
写真は外食ばかりですが、
きっとおうちでも美味しいご飯を食べさせてもらったんだろうなぁ

1年以上ぶりに会った娘はやせたというより
ちっちゃくなったようだったので
「太らせなきゃーー!
と、彼は使命に燃えていました

おかげさまで
2人ともお互いに
心身リフレッシュできたと思います。

なかなか国境を越えての再会を果たせない
家族、恋人、友人・知人が多い今日このごろ。
再会できてほんとよかった

ロンドンで重大事態宣言が出た日にスウェーデンから移動したので
スウェーデン側でも
イギリス入りしてからもPCR検査などが必要でしたが
今となってはそのルールも無し。

帰りはあっというまにルンドに着いていました。
移動前後の検査も必須ではないし
到着後の自主隔離が推奨されているレベル
だそうで
ワクチンパスポートの提示なども不要でした。

このあたりは感染状況と
国ごとのルールがミスマッチに感じるところもありますが
経済状況や、医療体制など
いろんな要素がからみあってのことなのですよね・・

この年末年始には
コロナでどう転ぶかわからないものの
OKな状態になったらすぐに行けるように
2022の娘たちや彼との
再会旅をリアルに考えようーー!
とキックオフしました。

パスポートも切れっぱなしですが
みんなとの再会を妄想しまくるズボラ母なのでした

さー、切り替えて
残りの学生生活、二人とも勉強がんばってね


yossy1421 at 16:28|PermalinkComments(0)

2020年11月17日

スウェーデンのコロナの状況

スウェーデンの独自のコロナ対策
日本でもよくニュースに取り上げられますね。

ロックダウンをしないスウェーデンの試みは
コロナ初期にも大変話題になりました。

*最初「集団免疫を目指したスウェーデンの試み」と記載していましたが、 
 娘の指摘もあり修正しました。
 一部日本の報道では、そのようにありましたが
 スウェーデンの取組は「集団免疫」を目指したものではなく、結果的に得られるかも、というもの。
 ロックダウンをしなかったのは、長期に及ぶことを予測し、
 経済や精神衛生の面で今後耐えられるような対策を、と考えたためだそうです。
 勉強になりました!!

 

感染の広がるヨーロッパにおいて、
ロックダウンをしないコロナ対策

よい例として取り上げられることもあれば
悪い例として非難されることもあり
安心したり、心痛んだりの繰り返しです。

最近はそんなスウェーデンも
自粛モードへ方向転換か?なんていうニュースが日本でも流れていました。

娘に聞いたところ・・・

スウェーデンは上述のとおり
ロックダウンはしていないのですが
そもそも自律的、自発的に、個々人がコロナ対策をしている感じらしい。

マスクはつけませんが・・・

国民性もありそうです。

ロックダウンはないといいながらも
娘が8月にスウェーデンンにいってから、
かなりの授業がオンラインとなっています。
自由に生活しているイメージだったので、少し驚きました。
逆に安心もしたズボラ母。。。

大学も今後しばらくは通学がなくなるし、
シティセンターに行く用事もないので、
通学用の自転車はベランダに(盗難防止に)移動させたと言ってました

スウェーデン人はそもそもソーシャルディスタンスが広いんだそうです。

列に並ぶときも、元々人と人との間にスキマがある。
なのでコロナ対策のよびかけも
「ソーシャルディスタンスをとってください」
ではなく
「いつもより、ソーシャルディスタンスを少し長めに」
という呼びかけになっています。

そう、自粛等々もすべて「お願い」ベース
そのとおりに自発的にやる人が多いので
対外的に「ロックダウン」扱いにはなっていない・・ということもあるようです。

しかし!
娘と同じ寮生が、コロナ陽性の友達がいたためPCR検査を受けたそうで
陰性だったとの報告をもらったそうです。

大学がらみもチラホラいるようで、これからの寒い季節油断ならないですね。
ウィルスはすぐそばにありそうです。。。

一方次女のいるオーストラリアはかなり封じ込め
ロックダウンもはずれました。
次女のいるビクトリア州は2週間以上、新規感染者ゼロが続いています。

遠くのことを心配していたら、
足元の日本が第3波

早く家族全員で会いたいな~~
切に願うズボラ母なのでした。







yossy1421 at 18:28|PermalinkComments(0)