関税

2021年04月26日

おばあちゃんの荷物が届かない(涙)

コロナ禍で、
日本から海外へなかなか荷物が
予定どおり届かない
ということはありました。

特に、オーストラリア留学中の次女のところは
検疫もとても厳しいうえ、
出荷後に引き受け停止になったりで
留学直後は全く何も届きませんでした。

  次女ブログ① SAL便が届かない・・・~COVID-19の影響~(2020/4月)
   次女ブログ② SAL便がもう1つ戻ってきました。。。(2020/6月)


娘(長女)がスウェーデンに行ってから
ズボラ母から1回、
ズボラ母の母(おばあちゃん)から2回くらい

時間はコロナ前よりはかかったかもしれませんが、無事届いています。

が!

2021年1月から
通関電子データ送信義務化 がスタートしたのをご存知ですか?
 郵政サイト:通関電子データ送信義務化について | 日本郵便株式会社 (japanpost.jp)

特にアメリカは必須のようです

今年に入ってから荷物を送ろう!と
郵便局へ行ったおばあちゃん
なんだかやり方はわからないけど、スマホとタブレットを抱えて窓口へ・・・

田舎なので
若干今回の運用変更の実験台となってしまった感は否めませんが
「せっかくなんでデータでやってみましょう!」
郵便局の方にそそのかされ(←失礼!)
なんとか出荷手続きを完了したのでした。

しかし、全然スウェーデンに荷物届かないよーー!!

どうやらスウェーデンに荷物は到着しているのだが
そこから娘のところに届かない

いつものおばあちゃん手書きの宛名じゃなくて
綺麗に印字された出力宛名が貼ってあるせいか
法人の荷物と勘違いされた模様。。。

おばあちゃんからの、おやつとかしか入ってないのに
関税対象に間違えられ、ややこしいことに。。。

数か月かかって娘も、スウェーデンの郵政とやりとりし
 関税も
 手数料も

かからないことが証明でき、そこまでいったのに。。。

なんと保管期限が切れたってことで
おばあちゃんのところに荷物が返ってきてしまいました。

↑かなりさっぴいて書いてますが
本当にスウェーデンの郵政側がイケてなくて
やりとりしている窓口と、他の担当窓口とが連携とれておらず
へんてこりんな連絡が届く・・という繰り返し。

そんなこんなしているうちに
保管の担当者とは全く連携してないから
「ハイ!期限きましたー」
ってことで、荷物は日本に送られてしまったんでしょうね・・

娘の実感としては、
こういった社会のインフラ、
予定どおりにいかないことや、時間どおりにこないことなど
留学・海外あるある
なものの
約5年の留学生活をしてきて、
スウェーデンはイギリスに比べかなりヒドイらしい。。。

「もースウェーデンやだーー!

だって(笑)

これまでのブログでも書いたと思いますが
高校時代、そもそもスウェーデン留学したいが
大学からだとスウェーデン語の習得が必要だったり
スウェーデンへの留学あっせん会社が近くになかったりで
まずはイギリスの大学へ留学をした娘。

イギリスのほうが
全く思い入れのようなものは無かったのですが
ここ↓でも書いたとおり、ニューカッスルはもはや娘の第二の故郷

 過去ブログ:第2の故郷はNewcastle

最近、就職すらNewcastleでするんじゃないかと思ってます(笑)

おばあちゃんからも
「荷物返ってきちゃったわーー
と連絡ありました。

懲りずに
「今度は手書き宛名で送ってみるわ!!」
と郵便局に再トライしようとしている、
ズボラ母の母なのでした。




yossy1421 at 19:52|PermalinkComments(0)