英文成績証明書

2016年10月15日

日本の大学じゃダメなの?

「日本の大学じゃダメなの?」

「就職どうするの?」

高校の懇談で言われました。

高1のときから学校の先生には、海外留学を考えています、と伝えていた娘。

公立高校ですが、スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定もあり、どっちかというと海外留学なんかも応援モードかと思っていたのですが・・・

国際コース的なクラスもあったのですが、そちらは文系になってしまうため、建築志望の娘は理数系です。
そうなると担任の先生も理数系であることが多く。

海外留学するためのステップも、何もわからないから、国際担当の先生に聞いて、という感じでした。

決して悪い先生ではなくて、たくさんお世話になったのですが、留学に関してはお手上げ・・・。
事例も少なく無理もないのかもしれません。

ただ、SGHだったからかどうかわかりませんが、高校では

 任意参加のホームステイプログラム
 修学旅行は海外コース選択可能
 選抜試験有の海外研修

があり、娘も参加させてもらいました。

海外にいってもなんとかやっていける、

これからの舞台は日本だけじゃない、

と思わせてくれたのは、この高校のおかげもおおいにあったと思います。

IELTS受検
のときも、ビラをみつけたのは参観日にいったときに見た高校の掲示板。

それを見て日程を確認し、受検もしたのですが、懇談では

「へーー、”あいえるつ”っていうのがあるの。」


と、理数クラスの担任の先生には、はじめてのワードだったようです(笑)

その後担任の先生もいろいろと調べてくださり、
英文成績証明書の準備をしてくださったり、
学年主任の先生からは留学生向けの奨学金の情報をいただいたり
とお世話になりました。

高校でも卒業生の留学準備の情報が蓄積されていって、後輩たちがひとつの選択肢として、選びやすくなるといいな~と思うズボラ母なのでした。



yossy1421 at 14:29|PermalinkComments(0)