英国留学フェア

2017年01月14日

ついに大学出願!

ついに昨日大学出願!

よくシステムはズボラ母は把握できてませんが、ファウンデーションの先生の指導にもとづき
5大学
申請できます。

候補の大学は、以前にもブログに書いた
「英国留学フェア」
でブースを訪れた大学がほとんどでした。

ファウンデーションでは
大学について調べたり、
先生の助言を得たり、
実際に大学を訪れたり
して進学先を決めていきます。

もちろん自分の学力・英語力も条件に達していなければなりません。

IELTSのスコア
をもう少し伸ばしてから正式に出願するのかな・・と思っていましたが
建築は人気
だそうで、先生からも急かされ出願の運びとなりました。

英国留学フェアでチェックした大学は、調べていけばいくほどより興味を持った!と言っていました。

「ケンブリッジとかUCLとか受けないの?」
と父はのたまっていましたが(笑)

娘がいろいろと調べて、検討して、決めたもの。

ズボラ母はこのまま応援してやろうと思いました。もちろん父もね

最近はTHE(タイムズ・ハイアー・エデュケーション)
世界大学ランキング
もよくニュースで話題になりますね。

やっぱり日本人
偏差値とかで学校に順番をつけて、価値や地位を確認するほうが安心するのかもしれません。

有名校にチャレンジするのはもちろんいいのですが
建築のなかでもやりたい内容があるか
(建築にはアート寄りやサイエンス寄りなど分野が多岐にわたる)
大学のある都市は住みやすいか
も大きなポイントとなってきます。

娘はちょっと学費も気にしてくれたみたいです(笑)

何はともあれ、大学が受け入れてくれないことには・・・なのですがまだまだ

 IELTSのスコアは上げたいし
 ポートフォリオは引き続き作っていかなければならないし


と、引き続き夢に向かってがんばっている娘です。








yossy1421 at 17:27|PermalinkComments(0)

2016年10月08日

英国留学フェアを活用! その2

先日ブリティッシュ・カウンシルの「英国留学フェア」に行ったと書きました。
その続きです。

質問事項をリストアップしてから各ブースへ向かいましたが、もちろん建築学のある大学をまわります。

事前にどの大学が参加するかは、英国留学フェアのホームページでチェックできるので、事前にある程度大学をリストアップしておきましたが、当日配布のパンフレットにも「参加教育機関別科目一覧」というのがあり、どんな学部があるか一目でわかるようになっています。

さて、ブースをまわってみると・・・

構造学中心の建築(だからアート・デザイン希望ならやめたほうがいいよ、とハッキリ言ってくれる

アート・デザイン寄りの建築

エンジニアリング寄りの建築で、大学内にモデルハウスがあって大規模な実験をしたりする

・・・など、ひとことで「建築」といってもかなり違うことがわかりました。

娘は空き家再生などのリノベーション技術に興味があったのですが
こんな分野もあったんだ!という新しい「建築」に対する発見もあって
あらためて何をしたいのか、どこに進むべきなのか、高3のこの時点でいろんなこと考えるきっかけになりました

イギリスに行った今でも、このときまわったうちの1校が今の第一希望です。

何よりその大学にいらっしゃる方と直接話ができ、パンフレットでキャンパスや周辺の様子を見ることもでき、より現実的なイメージをもつことができました。

またこのフェアでは、
大学直属のファウンデーションの存在
も知ることとなり、その後のファウンデーション選びも深まったのですが、それはまた書きますね。

迷っている方がいたらぜひこの10月の「英国留学フェア」へ足を運んでみてほしいです

注) 私はブリティッシュ・カウンシルとは全く関係ありません(笑)


yossy1421 at 18:57|PermalinkComments(0)

2016年09月27日

英国留学フェアを活用!

いまどきはズボラ母の時代とは違って、日本の大学ならオープンキャンパスが充実していますよね。

イギリスの大学に行きたい娘、
そうはいっても気軽にイギリスの大学を見に行くことはできません。

イギリスの大学選びなんてどうやったらいいの!?

そんなとき高校に貼ってあった案内を見て、東京も我が家からは遠いですが、高3の年に
ブリティッシュ・カウンシルが主催する 「英国留学フェア」に母娘でいきました。

*今年(2016年)は10/22(土)に実施されるようです。

せっかくはるばる東京までいくのだからと
漫然といくのではなく、大学ごとの個別ブースをめぐっていろいろ聞きたい!
と質問事項をリストアップしていきました。

これはとっても有効!で、
大学の比較がしやすくなって、話もどんどん突っ込んで聞けたのでオススメです。

建築学:大学の独自性・特徴
卒業生の進路先
留学生の進路
奨学金制度
大学保有のファウンデーション
などなど

自分が専攻したい学部(娘の場合は建築)がある大学を事前にチェックしておくことはいうまでもありません。

ちなみに大学の方がいらっしゃるので、説明やQAのやりとりは英語ですが、各大学ブースに通訳サポートしてくださる方がいます。

続きはまた書きたいと思います。






yossy1421 at 19:03|PermalinkComments(0)