歯痛

2021年10月05日

留学6年目にしての安定感♪

夏に一時帰国した娘。
帰国時の様子をここで書きました。

 過去ブログ:日本を出発してしまえば・・・(スウェーデンに戻りました)

もう留学6年目なので
そんなに心配はしていないものの
今の娘をみていると、
留学6年目にしての安定感!!
感動すら覚えます(笑)

留学しての生活・勉強は、それは大変なので
実体験していないズボラ母は想像できません。。。

心の不安定
体調にすぐあらわれる娘なので
 熱がでたり
 歯が痛くなったり
 生理不順になったり・・と

その点では心配なことも多々ありました。

ズボラ母は、
全体的にそばにいてもあまり役に立たない「母」なので
物理的に離れていたらますます役に立たないので
見守るしかない状態ではありました。

生理不順は留学当初から、あからさまにあり
娘も23歳といい大人になったので
夏の帰国中には、婦人科健診にいっておく?という話もしていたのですが
コロナのこの状況もあったりで
結局いかないまま、スウェーデンに戻りました。

日本にいる間は、
順調に生理がくるかな?と思っていたのですが
そうでもなく。。。

しかし
スウェーデンに戻ってしばらくすると
「フツーに生理きたよー」
とな

おそらく日本の実家で過ごすよりも
もう自分が暮らしているその場所がホームになっているのでは?
と思った瞬間でした。

何より、戻ってからも
ヨガの先生オススメの「万能茶」を飲んだり
毎日自律神経に効くヨガをやったり
きちんとご飯を作って食べたり

ルーチンも定着していた模様。

身体も
「おー、普通の生活に戻ったゾ
と感じてくれたのでは(笑)

体調面のこともありますが、
メンタル的にも落ち着いているように思います。

勉強で忙しい時期になると
遊びは悪といわんばかりに、
勉強ばかりに集中していた娘。

最近はバランスをとっているというのか
 友達から誘われれば、勉強の合間に外出したり
 ホームパーティに参加したり
 スウェーデン内をめぐったり

程よく息抜きをしているように思います

この歳なので、
イチイチ「母」としての心配もないのですが
(娘からみればズボラ母のほうが不安定で心配かも(笑))
なんとなーーく「成長」を感じる時です

この心の安定のバロメータ、
娘のブログが、忙しい時期でもやたら更新されています!
(以前は1年近く更新されないこともあった!)
ぜひよかったらみてやってください(笑)

 娘ブログ:もんさんスウェーデン大学院留学日記

この文章には、時々心配を覚えるズボラ母なのでした




yossy1421 at 10:03|PermalinkComments(0)

2017年09月16日

日本での夏休み

イギリス旅のことはまた書くとして・・・


8月初旬に実家に帰ってきた娘。

地元の友達と遊ぶ予定をギッシリ入れていたのですが・・・

最初の週末、腹痛をうったえ、結局

ウィルス性胃腸炎

以前はめったに熱も出なかった娘なのに、40度も熱が出てびっくり!!

その後一度回復して、海に行ったりしたのですが、

また発熱・・・

しかも長引く・・・

咳も続く・・・

イギリスの20度台の涼しい夏とは違って、ムシムシした特に暑い日本の夏。

娘も体をうまくコントロールできなかった模様。。。

それと、1年近くも一人で、なんとか病院にもいかず、がんばってきたわけですから
(一度扁桃炎と歯痛で薬局にはお世話になりましたが・・・)
実家に帰って、心身ともにゆるんだのでしょう。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
 ゆるむときも必要ですよね。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

「せっかくの日本の夏休みが・・・

と予定していた友達に会えず、がっかりしている娘を見るのはつらかったですが
夏休みの後半ではちょっとリベンジしていました。

しっかり免疫をつけて、またイギリスでの大学生活、健康第一でがんばってほしいな~と願う、ズボラ母なのでした。


yossy1421 at 07:27|PermalinkComments(0)

2017年01月13日

イギリスのイソジン!?TCP

相変わらず体調不良に悩まされている娘です。。。

喉が痛い

扁桃腺が腫れた

どうも片側だけ痛む
扁桃腺が腫れてごはんが食べられない

も出た

が痛い(たぶん弱って歯茎が炎症をおこしている)

・・・みたいな感じになってきました。


とりあえず日本から持って行った鎮痛剤・解熱剤、ビタミン剤などでしのいでいた娘。

日本ならばすぐに病院へいくところですが、ファウンデーションの学校に聞いたところ・・

病院の予約はできるけど、できても10日後くらい
(それじゃーその間に治っちゃうかも!?)

とのこと。

日本の留学エージェントに聞いたところ、
AIUの海外留学保険に入っているので、キャッシュレスメディカルサービスも利用できるとのこと。

いろいろ聞いていたら、たちまち病院にいくほどではないくらいに落ち着いてはきたのですが、腫れはなかなかひかず、なんだかスッキリしない模様。

「イソジンがほしい」

といっていたので、類似品を探したら

TCP

という薬がヒット。
娘は学校の帰りに薬局に寄って早速ためしたところ・・

「効果絶大!」

とのこと。
効きすぎるのもこわいけど。。。

いろいろ聞いたり、調べたりしてわかりましたが
とりあえずイギリスには風邪程度で病院へ行く習慣はないのですね。

帰国したらひととおりの健康診断とすると誓う娘なのでした。


yossy1421 at 21:00|PermalinkComments(0)