条件付き合格

2020年04月05日

ついに北欧へ! ~大学院の合否結果~

北欧の大学院に申請していることは以前に書きました。(↓過去ブログ)
高校の成績表!?
大学院留学に向けて
大学院アプライに向けて


合否結果は4/3(金)にでると聞いており
ズボラでない父も、ズボラ母も、ドキドキしていました

現地時間の午後以降かな~と思っていたら
わりと早い時間にLINEビデオが。
結果をメールで受け取った様子。

微妙な表情で
「えーっと・・・
と説明しはじめる娘。

結果は?結果は???

(たしか)4つの大学院にアプライしていたのですが
第一希望の大学院は現時点では合格ならず。
ただしWaiting Listの上から7番目に載っている。(つまり補欠)

第二希望は合格!
現在の大学の最終成績は提出前なので、条件付き合格となっています。

スウェーデンに行けることは決まった
おめでとう!!


この2つのどちらかに行きたかったので
かなりいい結果なのですが
どっちに行くのか?がイマイチはっきりせず、
わーーーい!と手放しで喜べない状況。

そういえば留学決まった時にはこんなこともありました。↓(過去ブログ)
だれも喜んでない気がする・・・ (ファウンデーション合格から1年 201612)

ファウンデーションに決まった時も
イギリスの大学のオファーが出たときも
今回の大学院の結果も

なーんだかスッキリハッキリせず微妙

昨年の次女のオーストラリア留学のプロセスも経験して、
いつはっきり決まるのか、
よくわからないのが「海外留学」なーんて悟ってきました(笑)

合格発表の掲示板で番号を探して
「ヤッター!
みんな同じタイミングで3、2、1、ゼロ!って感じで結果がわかる
日本の方式とは違うんですよね。

とにかくスウェーデン大学院留学の入り口にたった娘。
高1のときから本当はいきなりスウェーデンに建築を学びに行きたかった娘。
言語の壁がありイギリスを経由したのですが
本当に最初の夢を実現しようとしている娘に感服のズボラ母なのでした。

どっちにいくのかな~~(笑)





yossy1421 at 17:41|PermalinkComments(0)

2019年08月26日

経験者は語る ~次女への助言~

なんと
次女(高3)も本当に留学という進路を選んでしまいました

<次女まとめ>

長女留学の意外な効果?~次女の場合~
妹のその後 ~姉の留学の影響!?~
留学前に読んだ本 →次女の手へ

今頃IELTSを知るズボラな母。。。

ついに次女もニューカッスルへ!?
次女ニューカッスルへ行く
次女ホームステイ受入



行く国は長女とは違うのですが
条件付き合格をもらって、
だんだんとスケジュールが固まってきました。

3/1 卒業式
3/10頃 日本出発
3/12 学校初日


・・というのが現時点での予定で、
着くや否や学校スタートとなっています。

卒業して、
少しは高校友達との時間も楽しみたいものの
心の準備は現地で整うのか!?

長女に伝えてみたところ
「早めに行った方が自分のためだぞーー!」
とのこと。
経験者は語る。

長女も
オックスフォードに初めて到着したその日に電話契約を済ませ
2日後くらいには学校スタート。


<参考>
Top up って?? ~携帯電話は現地調達~

 ホームステイ先に慣れたり
 身の回りの荷物を整理したり

する時間もあまりなかったご様子。

長女がいうには
 スマホ手続き
 周辺のスーパーと学校への行き方(バスの使い方)確認
 荷解き

などなど考えると
「学校が始まる1週間前に行けるのが理想だと思う」
とのご意見。

そうすると卒業するやいなや飛ばなきゃいけないな・・
悩む次女とズボラ母なのでした。

でも「経験者」「先駆者」がいるのはイメージが湧いて助かる!!



yossy1421 at 12:23|PermalinkComments(0)

2017年05月17日

第一希望と第二希望

4大学の条件付き合格をGETしたことを書きました。

その後
firm choice (第一希望)
insurance (第二希望)
を選択する必要があります。

この英語での選択肢を見ると、日本語の第一希望・第二希望よりも、意味合いがはっきりしている気がしますね。

ファウンデーションコースにいる限り、最終成績が出ていない今、
コンディショナルオファー(条件付き合格)
しかないわけですが、この2大学を選択するということは
ほかの条件付き合格の大学のオファーを断る
ということで、将来を左右する重大な選択ともいえます。

娘は行きたいところははっきりしていたので、すぐに選択。

「もう期限だから、決めたよ~~」
と報告あり。

父のほうは、UKの大学ランキングをみたり、立地などの条件をみたりして
これでいいのかな~?なんて迷っている(笑)

案外学費の比較はしなかったです(笑) のんきな親ですね・・・

それでも父も、ズボラ母もやっぱりIELTSをがんばって
firm choiceのほうに合格してほしい!
と思っています。

長いような気がしていたファウンデーションコースの期間もあと1か月。
結果はどうなるとしても悔いのないようにがんばってほしいな~と思うズボラ母なのでした。


yossy1421 at 09:57|PermalinkComments(0)

2017年03月10日

条件付き合格

イギリスの大学では
Conditional Offer (条件付き合格通知)
がくることがあります。

娘も申請した5大学のうち、1つはUnconditonal Offer(無条件合格)ですが
他にすでにofferをもらった大学は
条件付き合格
となっています。

IELTSのスコアが足りません

IELTS
をまた受検しましたが、そんな短期間で上がるわけでもなく、今は停滞期にあるようです。

それでもファウンデーションに入るための条件はオーバーオール5.5で、
渡英前、やっととれた感じでしたが
今はコンスタントにオーバーオール6.0にはなっています

6.0あれば無条件合格をもらえる大学も少なからずあるのですが
本人が行きたいところはやはり6.5以上が条件。

条件付き合格をもらえれば、入学するまでに何度でもトライすればよいし
大学が条件を満たすためのコースを提供してくれる場合もあるようです。

今は日本も大学受験が終わりつつあり、合格発表で一喜一憂する時期。

ズボラ母の時代もそうですが、日本は最近でこそAO入試やいろんな条件の推薦入試もありますが、
一発勝負的な色合いが濃い大学入試制度。

いろんな背景があってのそれぞれの入試制度だとは思いますが、
自分のどの部分は条件をクリアできていて、
入学するにはあと何が足りないのか?が明確になって

これはこれでいい制度だな~と思うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 23:37|PermalinkComments(0)