新型肺炎

2020年03月05日

在留届

次女のオーストラリア留学も近づいてきました。

次女を応援するズボラ母ブログはココで今月スタート予定です
海外進学を応援するズボラ母の備忘録 次女編

留学エージェントの最終ガイダンスに次女と行ってきました。
「お姉さん(長女)がされているかと思うのですが、
 在留届を出しておいてくださいね。」

と留学カウンセラーに言われました。

はて?在留届!?

ズボラ母はすっかり「たびレジ」と混同していて
長女が在留届を出しているのか、
当時どうしたのか

その場で答えられませんでした。。。(ズボラ

どちらも海外の滞在時に
 安全情報
 最新情報
 危険、災害情報など

が得られるのですが
たびレジは「3か月未満の滞在」
在留届は留学、転勤、永住といった「3か月以上の滞在」
のとき、と期間によって使い分けられるのでした。

かつ在留届は旅券法で義務付けられているそうです。

ガイダンスから戻り長女に聞いたところ
「在留届、出してるよ~~」
とのこと。

そのため、今は毎日のように
大使館からCOVID-19関連のメールが届くのだとか。

かなり親切な内容で
 説明会の案内や
 ひとりで病院に行くようにとか
 その前にはGP*に電話するとか
   *GP=General Practioner 事前登録のかかりつけ医 
更新があるたびにメールが届くそうです。

今のこんな状況の時だからこそ、在留届、必須ですね。
次女も早速登録しました。

適切なタイミングで、
正しい情報を得て、
海外で二人とも安全に過ごしてほしいな~

と願うズボラ母なのでした。






yossy1421 at 11:47|PermalinkComments(0)

2020年02月20日

新型肺炎の影響は・・・

前回の投稿で「マ、マスクをください・・」といっていた娘。
ついにEU離脱、、そして新型肺炎

マスク文化のないイギリス
どれくらいマスクをつけている人がいるのかわかりませんが、
布を買ってきて、自作マスクをつくっていました。

これが結構カワイイ

おじいちゃん(ズボラ母の父)も
「これはイギリスで売れそう!
と言ってました(笑)

とはいえ、そんなのんきなことも言っていられない状況になってきました。

中国に次いで現時点で感染者数が2番目に多い日本。
今朝のニュースでは、
日本人というだけで差別される海外在住者の話を聞きました。

マスクをしていたらウィルスよばわりされたり
日本食のお店に落書きされたり
若者から罵声を浴びせられたり


中には、国籍はフランスなのに、
見た目がアジア人というだけで近づくのを露骨にいやがられたりするのだとか。

悲しいことですね

コロナウィルスがどうこうという問題ではなさそうです。

COVID-19の終息と
差別のないグローバル社会を

切に願うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 09:24|PermalinkComments(0)

2020年02月01日

ついにEU離脱、、そして新型肺炎

ついに1/31(金)午後11時(UK現地時間)に
イギリスはEUを離脱しました。

EU離脱が決定したのが2016年6月。
娘が進学のため渡英したのが、2016年9月。
(このブログも2016年9月からです。)

EU離脱が決まってかなりのポンド安になり、
留学費用の見積金額から、
実際に支払う金額がかなり安くなったのを覚えています。

そのときは、
「娘も歴史の立会人になるのね~」
なんて思っていたけど、
度重なる延期や、メイ首相も辞任したりで
いったいいつになることやら・・と思っていました。

が、娘がイギリスにいるうちに(とはいえもう最終学年)
本当にブレグジットが実現してしまいました。

現地の様子はどう?と聞いても
「普通ーーー」
とのこと。

まだ移行期間のはじまりでもあるし、実感はまだまだ先なのかもしれないですね。

それよりも!
ついにイギリスでも
新型肺炎(コロナウィルス)の感染者が2名出ました
しかも娘が住むニューカッスルで!?

ニュースをいろいろ読んでみたら、
ニューカッスルに感染症の専門医療機関があるため
他のエリアから、この機関にはこばれてきたようではありますが
気を付けるに越したことはない。

イギリスでマスクするのは恥ずかしい・・と昔は行っていた娘も
「マ、マ、マスクをください・・・と。

イギリス人が急にマスクをするとも思えませんが
新型肺炎についてはどこの国にいようと、世界共通の問題。
世界はつながっているんだな~~とこんなことからも痛感するズボラ母なのでした。





yossy1421 at 10:12|PermalinkComments(0)