新型コロナウィルス

2022年02月02日

スウェーデンにいながらマイナンバーカードGET★

娘は昨年夏は日本に帰国をしていました。

その際に、文部科学省の留学生枠で、
自治体のよりは早めに(おかげで帰国中に)
新型コロナウィルスワクチン予防接種を2回済ませることができました。
  
 過去ブログ:文科省の支援事業でワクチン接種完了

この夏の時点では「ワクチン接種証明書」
紙でしかありませんでしたが、それを取得し、
スウェーデンへ戻る際は、これを印籠として使いました。

しかし諸外国はこの証明がデジタル化しており
日本の証明書もデジタル化することを心待ちにしていた娘。

昨年12/20から
ワクチンパスポートがデジタル化しました!!

ただし、このときには
もちろん娘はスウェーデン(&年末年始はロンドン)で
スマホから登録しようにも
マイナンバーカードが必須。。。

思えば帰国中に
マイナンバーカードも取得しておけばよかった。。。

郵送が心配な
(特にスウェーデンの郵便事情がアレなんで・・)
クレジットカード類は、
3種しっかりこの夏、日本で受け取り、持って帰りました。

とりあえずスウェーデンからでも
マイナンバーカードの申請をしてみようーー
娘がWEBから申し込みをしました。

日本での代理受取の制度があるので、
近くのマイナンバーカード発行センター的なところに聞きにいきました。

すると、
「そもそも日本にお住まいじゃない方には
 発行できないですよ

と一蹴されてしまいました。。。

えー、でも留学生とか今はコロナで簡単に帰国もできないし、
申請手続きはしちゃったし、どうしたらいいの!?

代理受取の制度は元々は、
病気や障がいなどで、申請者本人が出向けない場合の制度のようなのです。

気を取り直して市役所の担当課に問い合わせしたところ
「コロナ下ですから、留学の理由で代理受取できますよ」とのこと。

ホッ!

(発行センターのおばさまに教えてあげたい!)

代理受取には以下が必要でした。
1)申請者本人の証明書2点
  ①写真付き:免許証、パスポートなど
  ②写真無しでもOK:年金手帳、保険証など
2)代理人の証明書2点
  ①②は1)と同様

我が家に娘の免許証はあったので、
1)ー①はクリアできました。

そして受け取り時に理由として
「コロナ感染予防のため」と記載したら
すんなりとマイナンバーカードは受け取れました。

が、肝心なワクチンパスポート

これはズボラ母は無事デジタル版を取得できたのですが
手元に物理的にマイナンバーカードがないと発行できないのです。。。
(NFC=近距離無線通信 という機能を採用しています)

娘のデジタルワクチンパスポートはおあずけです(笑) 

ズボラ母は調子にのって
「デジタルワクチンパスポートの海外用もやってみよう~♪」
と思ったのですが、
このコロナ下で登場予定もなく
昨年夏パスポートが切れている・・・

つまり海外用は作れません

いろいろコロナのおかげで切ないズボラ母なのでした




yossy1421 at 12:47|PermalinkComments(0)

2020年10月15日

プレゼンも場数が大事??

プレゼンが苦手な長女。

次女も苦手。

ズボラ母も超苦手
仕事であったら本当は逃げたいくらい。
やらざるをえないときは、ズボラ母とはいえ
仕事の時ばかりは綿密に準備をしてのぞんで「苦手」レベルを可能な限り下げます。。。

でもズボラ母時代は
高校までの学校生活でも
大学の授業においても
 プレゼンテーションや
 ディスカッション、
 ディベート、などなど

口頭でのアウトプットってフォーカスされていなかったように思います。
 →結果、仕事で急に発生すると困る。

留学している長女、次女にとっては
結構頻度が多い気がしています。

渡英してからプレゼンには悩まされてきた娘。
同級生がとても上手だったりすると余計にプレッシャーらしく(わかるよー)

が、
「今日プレゼンが少しうまく出来た気がした
とな!?

そして数をこなすことが大事だと実感してきた、、とも。

そんなこと、ズボラ母も言ってみたいよー
ズボラでない父もそうだよね~~?

ヨーロッパでは、またもや新型コロナの第2波で大変なことになっています。
しかし、スウェーデンは落ち着いていて
今も大学は対面授業と遠隔授業とのハイブリッド。

今回のテーマとなった、
スウェーデンのリンシェーピングという町にも
実際に行って、ケーススタディ。
対象の建築物やその環境を見て、
そこに住んでいる人へのインタビューなども行ったそうです。

クラスには8グループあったものの
現地に出向いたのは娘のいるグループのみだったそうで、
他のグループはネットで得た情報などが元となるため、
やっぱり現地に出向いてGETした情報は説得力ある!

(同じグループにスウェーデン人がいたことも助けとなったらしい

プレゼン資料に入れる写真も
ネット上のものではなく、自分たちが撮った写真。

そういった自前の元ネタがあるからこそ
自信をもってプレゼンができ、成功したのかもしれないですね!

本当はこの時期のプロジェクトでは
オランダのアムステルダムへフィールドトリップ予定だった模様。

オランダにはまだ行けないけれど、
スウェーデンでリンシェーピング(ルンドよりかなりストックホルム寄り)に
行くだけでも、
日本にいる身にとっては十分トリップ!
うらやましがるズボラ母
なのでした。




yossy1421 at 19:23|PermalinkComments(0)

2020年04月01日

おばあちゃんが心配 ~新型コロナ感染拡大の今~

COVID-19感染拡大がとまりませんね・・・

イギリス留学中の娘は
不要不急の外出禁止となっているイギリスで
引きこもり大学生活を続けています。

ストレスも不便も大きい

日本では
感染者数の状況や、
外出等の制限も「要請」レベルにあること、などから
いずれ欧米のような状況がやってくると予想されながらも
なんだかゆるーい感じが否めない。

それを、イギリス生活している娘からみると
日本人の危機感のなさに怒りすら感じるようで
特に同年代の若者が無責任な行動をすることには理解ができないようです。

同世代もともかく
自分のおばあちゃん


インスタのストーリーでは厳しい発信もしている娘ですが
おばあちゃんに対しては
「〇〇しちゃダメ!」というのもはばかられ
どう言ったら伝わるんだろう、
自分事として認識してもらえるんだろう

を持っていつも悩んでいます

LINEメッセージをグループでなく個別に送ったり
時にはLINEビデオで顔を見ながら話したりして

訴えかけています。

どうしても、こんな未知の状態になったとき
「事実」である情報を集めて
正しい判断を、自分の責任で行動におとしていく
ことって
だれにとっても難しい

70代、80代のおじいちゃん、おばあちゃん
感染したときのリスクも高い

それでも「いつもの生活」をストップすることは難しそう。
こちらから「不要不急」に思える行動も、
本人たちにとってはそう認識できないこともなんとなく気持ちはわかる
 ~たとえば華道教室を開く、地域の集まりにいく、など~

海外に住む娘は頻繁に日本の家族に会えないからこそ
安全に、健康でいて
また元気に会いたい


そんなメッセージを遠いイギリスから
家族に送り続け、
グローバルな視点で物事を考えさせてくれる娘に
感謝、感謝のズボラ母なのでした。

おばあちゃんたちだけでなく
日本のみんなにも届きますように





yossy1421 at 11:32|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

新型コロナ関連 建築学部からのメール発信

新型コロナウィルス感染拡大にともない、
イギリスではついに外出禁止など
次々と新たな規制も発生しています。

先日より大学が閉鎖になり
オンライン授業に切り替わっていることは先にも書きました。

ズボラ母にも転送してくれるのですが
かなりこまやかな
大学の建築学部の先生からのメールが頻繁に届いています。

とにかく大学生の健康安全を願い
限定的な環境ながらも
できる限りの工夫をして
教育を引き続き与えていきたい・・・という
愛にあふれた発信


ズボラ母は感動した

内容は
大学の閉鎖のこと
 ・だけどリモートでこんなものにアクセスできるよ
  (3Dプリンターへもファイル送信できるように調整中、、など)
 ・遠隔会議用のソフトウェアを活用して、こんなやりとりもできるよ
ソフトウェアサポートのこと
 ・在宅でできるようにこのソフトウェアはダウンロードできるよ(リンクも)
遠隔指導のこと
 ・各担当教員から直接連絡するよ

などなど。

常に学生からのメール等での質問も受け付けていて
その回答はこうしてメールで順次回答を全員に発信しているようです。

事務的な発信も含みながらも
前後の文面は
とにかく不安な学生を気づかい、
安心させようとする言葉であふれているけれど
不明や未定のことについては正直に話している感じ。


特に最終学年の娘の同級生はこんなことで不安いっぱい。
・・・特に卒業がどうなるか
・・・単位はどうなるのか
・・・学年の途中で帰国してしまった留学生の扱いはどうなるのか

とにかく今は将来を不安がっていてばかりでも仕方ない。

大学の先生も信じて
今できる勉強、課題に
時にはリラックスする時間ももちながら
取り組んでほしいな~
と願うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 16:04|PermalinkComments(0)

2020年03月16日

新型コロナウィルスの影響 大学は?

ヨーロッパでのCOVID-19の感染拡大が深刻化しています。

イギリスも島国ながら例外ではなく
感染者数の増加をみると心配せずにはいられません。

ついに同じニューカッスルにある、
ノーサンブリア大学は休校となり、
娘の彼氏が通っているのですが、オンラインで講義を受けているとのこと。

割と近くのダラム大学も休校だそうです。

イギリスは今のところ国として一斉休校は要請や強制もしていないため
判断は各学校にゆだねられている状態。
娘の通うニューカッスル大学は、まだ休校にはなっていません。

不安ななか通学するのもストレスがあるようで
「レクチャーいきたくないよーー
と娘。

自主隔離とばかり自己判断で休んだり、
最終学年をまだ数か月残しているものの帰国準備したり

する学生もでているようです。

結局娘も自主隔離で、在宅で課題をもくもくとやっているようです。
グループワークもチャットでやりとりしながらオンラインでやってるのだとか。

現代はオンラインでいろんなことができるのでその点は助かります。

なんでもオンライン・・となったら、
イギリスに住んでいる意味がなくなってしまい
娘もいつかは帰国も検討するときがくるのかも・・・

せっかくの最終学年の貴重なとき

健康・安全第一で
1つ1つ適切な判断をしていかなければいけないな~

と思うズボラ母なのでした。


yossy1421 at 16:28|PermalinkComments(0)