建築学部

2019年07月14日

インターンシップ開始から3週間

早いものでインターンシップがスタートして3週間が過ぎました。

日本での一人暮らしもはじめて。

行く前はすごく緊張していたし
動揺もしていたので

親としては心配していましたが、
どこかで、やりはじめれば乗り越えてくれるだろうとは信じていました。

今までだってイギリス留学生活3年もやっているので
いろんな山を乗り越えてきました。

今回は珍しく
未知の世界を前に
やる前にいろんな心配をして
余計に自分を委縮させているような感じ
がありました。

インターン生活がスタートしてみて・・・

大学生活はいろいろつっこんで聞くこともありますが
(とはいえ建築知識がないので、なんとなくしかわらからないズボラ母
就活・インターンがらみとなってくると
いろんな情報も会社・事務所に属するもの。

むやみに詳細報告してくれなくていいからね!とは言っていますが
もともと「女子らしく事細かに連絡してくれるような娘ではありません(笑)

まさに便りがないのは良い便り、ってことで
逆に泣きついてくるようなLINEもなく、
生存確認(笑)できる程度には連絡があったので、ちょっとほっとしました

親の距離感って悩ましいですね。

現場では
建築のお仕事ということだけではなく
働くとはどういうことか
ライフワークバランスのこと
ブラック企業ってなんなのか
将来自分は具体的にはどんな仕事をしたいのか
どんな生活をしたいのか

・・・などなど、
いろんなことを考えるヒントとチャンス
をたくさんいただいているようです。

8月には一度夏休みで帰省をします。

一回り成長した娘に会えるのが楽しみなズボラ母なのでした。







yossy1421 at 12:32|PermalinkComments(0)

2019年05月23日

ポートフォリオ完成!

イギリスでのお金はマネパを使っている我が家。
イギリスで使うお金 ~マネパ~

娘の利用があれば、マネパからメールがズボラ母に届き
金額や利用場所が確認できます。


久々に届いたなーと思ったら、
86.73ポンド!?

結構な金額(1ポンド=140円としても約12,000円!?)だけど
何だろうね~とズボラでない父と話していたら
タイムリーに娘からLINE

「ポートフォリオの印刷代です!」


確かに5/23がポートフォリオ提出の期限と聞いていたので
無事完成したんだ~、お疲れ様~
といいつつも
いったい何部印刷??

と思ったら、1部!
A3で140ページだそうです。

それにしてもコピー程度に思っていたズボラ母は腑に落ちず(笑)

あとで実際に完成したポートフォリオ
Instagramのストーリーで見たところ立派な製本!
紙の質もめっちゃ良さそう

これって提出しちゃって、手元には残らないのね・・・

日本に帰国したら自分用に製本させてほしいとのこと。
どうぞ、どうぞ!

たぶん建築の人って、こういうのをもって就活する!?
ズボラ母の勝手なイメージ!?

製本した実物をわからないながらも見たいな~と思うズボラ母なのでした。
 


yossy1421 at 12:14|PermalinkComments(0)

2019年05月22日

日本でのインターン準備

ズボラ母時代には就活はありましたが
そのなかにインターンは組み込まれてなかったように思います。

医学部生とかがするもの?くらいに思ってました。

集団でのセミナー
OB/OG訪問とかはあったな~
最終面接で圧迫面接があったり!?

ズボラ母の思い出話は置いておいて、
長女もインターン先を探す時期となりました。

長期でやれるとなると、2年生が終わり、
3年生がはじまるまでの夏期休暇がチャンスです。

インターン先も
イギリスがいいのか、
日本がいいのか、
その他の国がいいのか(一度は中国が候補にあがったことも!?)

いろいろ考えることは多い。

建築学部なので、建築事務所にお願いすることになるのですが
日本の大学にいれば大学や先輩から情報が届くのでしょうか?
インターンについては右も左も
何が普通で、何が普通でないかもわかりません


インターンも
1日だけの説明会的なものから
見学だけさせてもらうもの
実際に仕事をやらせてもらうもの(無償・有償あり)

など多岐にわたるのですね。

これについてもズボラ母は長女におまかせ・・・

・・だったのですが、いろいろ建築事務所にあたったりしていたところ
たまたま保育園時代のママ友

「高校の同級生が建築事務所をやっていて、
 インターン受入もしているみたいだよ!」

と紹介してくれました。

日本とはいえ、うちからはかなり遠方(もちろん県外)にはなりますが
イギリスへ留学している身、
娘も、ズボラでない父も、ズボラ母も場所は全く気にならず(笑)

娘も「遠いけど時差ないね(笑)なんて

これも留学したことによる賜物でしょうか?
舞台が勝手に広がっちゃってるというか
どこでも暮らせる、働ける、勉強できる
、みたいな。。。

娘は履歴書など送り、
その建築事務所で夏3か月インターンさせてもらえることに。
これもご縁なのでしょうね~

今は2年生修了に向けて、課題に頑張っているところですが
インターンの話の続きはまた今度。

すでにその建築事務所のある、まだ行ったことのない東北の街を訪れよう!
と秘かに計画しているズボラ母なのでした。




yossy1421 at 10:40|PermalinkComments(0)

2019年05月06日

日本で卒論準備

イースター休暇のことを先日書きました。
日本でのイースター休暇


日本での休暇のメインイベントの1つは免許更新でしたが
もう1つは卒論!
卒論

帰国するやいなや
県立図書館に向かい、文献探しをしました。

建築学部とはいえテーマはいろいろだと思いますが
娘が選んだのは都市計画

日本での地元の都市をベースに書くそうで
過去の行政の資料などを探しに図書館にこもった次第。

日本滞在中には、その都市に実際に出向き(パパはドライバー
1日じゅうあちこち回って、相当父娘ともども疲れておりました

現在、3年制のうちの大学2年生の終盤ですが
この時期からガッツリ卒論に取り組むのですね。

日本でいう「卒論」とは位置づけが違うのかもしれません。

娘は
高校卒業後、半年の無職(とはいえフリーター)状態を経て
ファウンデーションに入り、
その翌年から大学生となっているので、

高校の同級生は現在大学4年生になっています。

同級生の関心ごとはもっぱら「就活」
これまた日本のスケジュールを考えると仕方ないことですが
同級生に卒論の相談をしても、就活のあとね、という感じらしいです。

今後、もしも日本で就職する・・となったら
かなり温度差があるかもしれないですね。

就職についても、そろそろインターンを具体的に考えなければならない今日このごろ。
このことについてもまた書きます!





yossy1421 at 08:42|PermalinkComments(0)

2018年10月14日

大学2年生のはじまり

ファウンデーションで1年
大学1年生

を経て、イギリス生活3年目に入った娘。

大学2年生の学校生活がはじまり、
新しいプロジェクトも始まった!
と忙しそうな娘です

でもハタでみていて、心の余裕が全然違う!

休暇中よりはLINEでの連絡も少なめなのですが
「新学期忙しい?」と聞いたら
「忙しいけど楽しくやってるよー」
と心強い返事。

とにかく1年前は
ニューカッスルで新生活をはじめること、
大学に慣れること

だけでもいっぱいいっぱいそうでした。

娘のブログによるとこんな感じ。
留学2年目の始まりはかなり過酷」(もんさんイギリス大学留学日記

このブログを読むと
ズボラ母と羽田空港で別れてからこんな過酷だったんだ!
(でも到着後もそんな泣き言は聞かなかったし、弱音も吐いてなかったゾと尊敬
とちょっとウルっとしてしまうのですが
繰り返し読んでしまいます。

そんな状況に比べたら
2年生になった今は、
純粋に建築学部の勉強を楽しんでいる気がします。

また大変なことも起きてはいるんだろうな~と想像はしつつ
さらなる娘の成長を感じるズボラ母なのでした。






yossy1421 at 18:02|PermalinkComments(0)