建築

2020年04月22日

ルンド♪ ルンド♪

北欧の大学院の件。
 前回ブログはコチラ>> ついに北欧へ!~大学院の合否結果~

1)第一希望:Waiting List 上から7番目(つまり補欠)
  スウェーデン王立工科大学(KTH)
2)第二希望:合格!
  ルンド大学

という状態でした。

2)の大学院の手続き締切が4/30(木)なので
1)の順位が少しでも変動するかなーーと待っていたのですが
そもそもWaiting Listに56名おり、
娘より下の人数は少しずつ減っていくが
自分の上の人数はいっこうに減らず
順番は全く変わらない~~

みんな待ってる!!

その間にも、
ルンド大学のSNSもフォローしたり、
手続きのためのメールが届いたり、
娘自身がいろいろ調べたり
していると、どんどん気持ちがルンド寄りになってる!

ルンド大学が好きになっちゃってる!

ルンド、ルンド♪

そもそも娘がやりたい建築の分野としては
1)でも2)でも内容的には近しい。

ただ、KTHストックホルムにある。
娘は「おら東京いくぞー!」的なストックホルムへのあこがれもある。
(そしてルンド大もいい大学だが本人があまり知らなかった)

ズボラ母はそうなのだけど
片想いするよりも、
好きになってくれる人をだんだん好きになっちゃうタイプ(笑)


娘とそんなくだらない話もしながら
娘はだんだんとルンド愛が高まってきてしまいました。

最後はズボラでない父にも確認をして
(父は気持ちはKTH寄り
ルンド大学に決めることに!

ズボラでない父のOKを聞くか聞かないかのうちに
父宛にメールで送られてきたのは
学費の請求書(笑)

苦笑いの ”ズボラでない父” なのでした。。。


yossy1421 at 16:07|PermalinkComments(0)

2019年09月28日

最初の夢は北欧留学

高校1年生のとき、
はじめて留学エージェントをたずねたときは
本当はスウェーデン留学をしたかった娘。

都会ならばいろんな選択肢も相談できたのかもしれませんが
地元でたずねた留学エージェントで扱っているのは
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド・・・
英語圏の留学先
のみとのこと。

かつ、聞くとスウェーデンの大学進学となると
スウェーデン語が必須とのこと
これではとても間に合わない・・と、
建築ならばヨーロッパで・・ということでイギリス進学を選択しました。

高校生だったその頃はスウェーデン語の本もひそかに買っていた娘。
そのままひっそりと日本の我が家に眠っていましたが・・・

その火種は消えてはいなかったようで
イギリスでの学生生活3年を経てまたまた燃え上がってきました

去年の夏にズボラでない父とヨーロッパ旅行のときにスウェーデンも訪れています。
 日本で出会ったスウェーデンの友達にもその時に会ったり、
 スウェーデンの大学を実際に訪れてみたり、

観光のみならず、その国での様子を短い時間ながら知ったようです。
もんさんイギリス大学留学日記(スウェーデン)

大学2年を終えて、
日本でのインターンシップも経験し、

ますます卒業後の進路を深く考えるこのタイミング。

先日イギリスへ戻ったばかりですが
「やっぱり卒業後はスウェーデンへ行っていい?」と。

我が家はとりあえずだれも否定・反論しません(笑)
「いいんじゃない?(笑)」

次なる進路はまだまだわかりませんが
リサーチははじまったばかり。

今度はスウェーデンへも旅できるかな~?なんて夢見るズボラ母なのでした。





yossy1421 at 22:34|PermalinkComments(0)

2019年09月16日

インターンシップでの学び

県外(but日本)でのインターンシップをなんとか最後までやりとげ、
地元に帰ってきました。

悩むことも多かったこの期間ですが・・・

実質2か月という長めのチャンスを与えていただいたので
数日や1週間以内のものとは違って
ボス・上司との関係
それにかかわるスタッフとの関係
職場でのコミュニケーション
自分の仕事タイムマネジメント
優先順位のつけかた

などなど
「建築」以外のこともたくさん考え、学ぶ機会になったと思います。

仕事内容のことはよくわからないズボラ母ですが
インターンでやれる仕事って
やっぱり模型をつくったり、図面をひいたり、
細かく時間のかかる作業
が多い

一見「作業」とにみえる仕事を
どう扱うのか、
自分なりにどう1日単位に区切っていくのか。

それは今の働くズボラ母だって考えるようなこと。
本当に「働く」ってことを学んだんだなーという
感慨深い気持ちにもなりました。

ズボラ母の時代には就活でこんな経験なかったけど
「働く」ってことが具体化して、
今後の道選びに役立つ!
とうらやましい気持ちにもなりました。

チャンスを与えてくださったすべての方にお礼を言いたいズボラ母なのでした。



yossy1421 at 07:05|PermalinkComments(0)

2019年07月28日

ランチタイムのお悩み

国内でのインターン生活も5週間が過ぎました。

相変わらず仕事のことは詳しく聞いてないズボラ母ですが
娘のインターン中のお悩み
それは
ランチタイム

昼食は会社支給なので
買ったお弁当か、外食となるのだそうです。

この条件は出発前から聞いていたので、
自炊になったとしても
とりあえず昼食で生き延びられるなと思っていたズボラ母(笑)

昼休憩は
そうでなくても初のお仕事で緊張している娘にとっては
唯一のリラックスタイム

・・・となるはずが会社の人と昼食をとるため
食べるペースを合わせようとしてしまい
なかなか休めない

娘以外全員男性ということもあって食べるのが早いらしい(笑)

とにかく最初のころはこれが悩みと聞いて笑った!
でもなんかわかる~~

特に仕事で外に出ているときなんか
加えてお客さんが一緒のときなんかは
ランチタイムとはいえそれも含めて仕事みたいなもの。

ランチタイムに限らず、
仕事を実際に体験してみての
「はじめて」「カルチャーショック」はいろいろある模様。

「建築」が本当にやりたいことなのかな?と考えたり
「働き方」について考えたり

本当に貴重な時間をいただいています。

今は1日だけや、1週間のインターンシップなどいろいろありますが
3か月体験させてもらった後にはいろんな意味で成長できるのでは?
楽しみにしているズボラ母なのでした。



yossy1421 at 09:12|PermalinkComments(0)

2017年06月17日

ファウンデーション終了

昨年9月に日本を旅立ち、9か月間のファウンデーション建築コースに入った娘。

ついに今週そのファウンデーション期間が終了しました

まだ大学が決まっていないんですけどーーー

それも仕方なくて、最終週に行ったテストの結果がでて、それが大学に伝わらないと
入学許可書は発行されません。

ファウンデーションには
短期のコースもあるし
いろんな入学タイミングもあるし



卒業!!

って感じでもないのですが、(それは日本の予備校と同じかな)
1つの節目です。

最後のほうは
もうファウンデーションの授業飽きた!
とかいっており
早く大学で学びたいという気持ちのほうが強くなっていたようでした。

なにはともあれ
お疲れさまでした!といいたい。

親元離れて9か月も過ぎたのも驚きです。

新たな大学生活に向けて英気を養ってほしいな~と思うズボラ母なのでした。


yossy1421 at 11:22|PermalinkComments(0)