就活

2022年05月14日

生きる力 ~留学生活もまもなく終わり・・・~

来週に修論プレゼンを控えている娘。
プレゼンはかなり克服してきましたが、
またまたドッキドキらしい(笑)

 過去ブログ:#プレゼン

しかし泣いても笑っても
学生生活最後のプレゼン。
ズボラでない父はオンラインでいいから
最終プレゼンを聞きたいらしい。
(英語だけど、いいかい?

そして5月末には卒業式。

6月上旬には帰国予定です。

しかーし
就職先は決まっていません。

どうなるんでしょうね(笑)

修論プレゼンが終わるまでは
やりかけの就活も集中できそうにない・・と横においているが
大学院生なんだからそれはそれで正しいことな気もします。

そしてそんなに心配もありません。

この6年間の留学生活を通して
娘は本当に「生きる力を身につけたと思っています。
生きるためのツールをたくさんたずさえて・・・

勉強などの知識ももちろんですが
海外生活上で起こるさまざまなトラブル、問題・・・
 それを解決する力
 周りの人とコミュニケーションする力
 上がり下がりする自分のメンタルを整え、前に向かう力

それは留学生活じゃなくてもいいんですが
遠くにいるからこそ
ズボラ母はズボラにながめるだけしかできないし
何の役にも立たないしで(近くにいたところで、ねぇ(笑))
本当に自分で道を切り開いてきたなーと思います。

コロナもあったしね

これから経済的に自立すると、本当に自立・・てことになると思いますが
しっかり生きていける
ズボラ母は思っています。

妹である次女も旅立ち2年あまり。
すっかり夫婦二人暮らしに慣れていたので
娘帰国後、どういう生活リズムになるのかわかりませんが
今の我が家は娘(長女)にとっては
少し羽根を休める場所であって
もう永住の巣ではないことがわかっています。

次の目的地に羽ばたけるよう
帰国後はしばらくの間、
リラックスした期間がもてるといいな~
と思うズボラ母なのでした。

それでもただ純粋に
娘とごはん食べたり、ショッピングにいったり、おしゃべりしたり
そんな時間が本当に楽しみです♪





yossy1421 at 11:15|PermalinkComments(0)

2021年12月06日

中国で働く!?

この夏日本に帰国しているときも
日本流の就活をしていた娘です。

すべてオンラインではありますが
セミナー・説明会に参加したり
面接を受けたり


今のところ2次面接までは進んだけど、それ以上進んだところはありません。

オンラインというせいもあるのか
面接もいつもあんまり気負うことなく
「ただ面接官と話した感じーー
ってな報告が多かった(笑)

本当に素でやってるんだろうな~とは思いましたが
自分を盛って入社しても、そのあとの道のりは長く
息切れするだろうし
縁のあるところに決まるとすれば決まるだろうーーとは思っているズボラ母。

まだそんなにたくさんも受けてはいないものの
日本流の就活をしてきて、
このやり方の先に、自分にあった就職先があるようには思えなくなったのも事実。

まだ入り口みたいなところで、
そんな判断をするなんてーーという大人もいるでしょうけど
親からみると
(アナタ=娘は)「そうでしょうね!」という感想。

一方で縁のある方から
中国での都市計画のお仕事紹介できるかも!?という話もあって
魅力的に感じている様子。

「中国に行こうかな~
「中国に行きたいな~

「中国で美味しいごはん食べたいな~

となんか違う方向に向かってますが
自分の心が向かうところに、道は開けるもの。

ズボラでない父も「中国、イイんじゃない?」と。

これまで6年近く海外でやってきて
かなり「普通」からズレている進路。

日本で
リクルートスーツをきて
就活用メイクをして
自己PR動画を撮ったり、
自己PR文を作ったり、
1次面接→2次面接→・・・みたいなステップを踏んだり

なーーんか娘がやっていることの「違和感」みたいなものを
ズボラ母も感じていました。

今の時期は日本の大学生でいうと大学3年のこの時期よね、
この時期には面接いっぱい受けて
この時期には内定とっとかなきゃ!
なんて思う親ももちろんいると思うのですが
これまたとっても違和感(笑)。

ズボラ母はバブル崩壊直後の就職氷河期入り口
典型的なマニュアルにそった就活を経験しています。
内定後は内定者研修を受け、
就職後は缶詰で新人研修を行い
1年目、2年目、3年目・・という企業の階段を昇っていく感じ。

しかーーし!
それと同じようなことを娘がやるイメージは全く無し(笑)

なぜなんでしょう?
「しっくり」くるかこないかの問題だと思いますが
これまでも自分で「しっくりくる」進路を選び取ってきた結果
スウェーデンのルンドにいる

もちろんビザや生活などの「条件」だけで考えると
日本に帰国して就職のほうが楽なのかもしれません

だけど、ここまできたんだから
枠にとらわれず
自由に進路を考えて、トライしてほしいな~

と思うズボラ母なのでした。

娘二人の話を聞いていると、海外では
一度就職してから大学や大学院に入って勉強したり
大学の最終学年になっても就活なんてせず旅してから仕事について考えたり
ギャップイヤー(休学)をとる学生も多かったり

もちろん目の前の生活することは大事だし
経済的な状況も影響するとは思いますが
「就活マニュアル」「就活スケジュール」なんてものを気にせず
それでも仕事をGETしている学生が多いことに驚き!

そんなことも今の考えに影響しているのかもしれません~~
今後どんな進路になるのか見守っていきたいと思います



yossy1421 at 14:49|PermalinkComments(0)

2021年08月08日

ママ、なんで教えてくれなかったの!?

「ママさーー  
 なんで中高生くらいのときに教えてくれなかったのよー

と何やら不服そうに言ってくる娘。

確かにズボラ母、
母らしいことずっとできてません
↓ココでも、しばらくダメ母だったことを自覚してない時期すらありました。
  過去ブログ:放任主義の効果!?~ホームシックにならない~

何をいまさら、
そんな母に対する不満をぶつけているのか!?

と思ったら
PDCAサイクルとかさー 
 中高生のときわかってたら、めっちゃ便利じゃん

とな!?

PDCAってアレですよね?
ビジネスで使う
PLAN(計画して)
DO(実行して)
CHECK(検証して)
ACT (改善する)

品質改善のためのサイクルですよね??

就活のためにいろんな本を読んでいる娘。
オンラインのセミナーや座談会を通して、
いろんな新しい知識を増やしているようなのです。。。

PDCAってどういうときに使うの?
突然聞いてきたので、
あーだこーだと説明したのですが
その後自分なりに腑に落ちた後に
「なんで教えてくれなかったの?」というセリフでした。

間があったので
何のこと言われているのかわからなかったよー

子供時代にやってあげられなかったことが多すぎて
心当たりがありすぎて
裁縫とか教えてあげられなかったこと?
ちゃんとしたマナーを身につけてあげられなかったこと?
部屋をどうやって片づけたりするかとか教えられなかったこと?

とめっちゃ頭のなかグルグルしました。

PDCAサイクルって中高生で知って活用するもの(笑)?
ズボラ母も会社に入ってから、
研修とかできいて
だんだんと実践するようになったこと。

まさかこのことで「母として」非難されるとは思っていませんでした

でも確かに中高生でも
勉強において、どうやって自分を分析して次につなげていくか?とか
スケジュール管理をどうするか?(試験期間?)とか
学校行事、部活に受験対策とたくさんあるタスクをどう並行管理していくの?とか
使えるところは多々あるのかもしれませんね。

ちょっと目からウロコ。

「家事とか教えなかったことを言われたのかと思ったよー」
といったところ
「そんなこと今さら期待するわけないでしょ!
と一蹴されました。。。

しかし就活で学んだ話を聞いていると
PDCAのようにこちらが説明できることもあれば
初耳みたいなキーワードもある。

今後は母として、親として
新たに教えてあげられることはますます減って
こちらが娘から学ぶことが増えるのかもしれないですね。

いや、もうすでにそうなってますね。

親を踏み台に飛び越えて
いろいろ教えてください~~

とお願いするズボラ母なのでした。

yossy1421 at 17:26|PermalinkComments(0)

2021年06月10日

1年8か月ぶりの帰国

大学院1年目が修了し、
 彼のいるイギリスに行こうかな~
 帰国しようかな~
 スウェーデンにステイしようかな~

と迷っていた娘。

コロナ禍であることを鑑みながらも
就活のことなども考慮し
感染対策をしっかりやって帰国することを選びました。

現在自宅隔離中ですが、健康です。
ズボラ母、ズボラでない父も自宅内でもマスク、
食事は娘と別にとっています。

2年近く会っていないことになりますが
LINEで顔を見ながら話していたら、そんなに久々感もないですね(笑)

最後に会ったときが21歳で、今は23歳だから
変化もありそうなものですが
イイ意味で変わっていません(娘に怒られそう)

しかし就活はジワジワとしのびよっているようで
エントリーシートに書く
 志望動機や
 大学生活でがんばったことなどを

隔離期間を使って絞り出しているようです。

オンラインセミナー的なものも多々あるんですね
昨日もYouTubeで何か見てましたが
ズボラ母の就職活動(シューカツとは言ってなかった(笑))中は
PCはおろか、携帯電話も持っていない時代でしたもんね。

もちろん履歴書は1枚1枚手書き
今もそうかもしれないけど、訪問先には手書きのお礼の手紙。
今考えると本当に苦行だなぁ~~

オンラインでやるものはスウェーデンでもできるのですが
緊急事態宣言が明けて状況が改善すれば
県外の主要都市での留学生向けセミナー、フォーラム等で
対面のやりとりも経験してみたいようです。

帰国期間中にそうなってくれるといい!
・・けどどうだろう・・・

日本に帰国すると、
やっぱり嬉しいのが食事のようで・・
モリモリ食べてます

米の減り方が速いです

スウェーデンからの帰国のため、3日間の強制隔離もありました。
ここでのホテルでいただく日本のお弁当でも
肌が綺麗になったらしい(日本食、最強
3食運んでくださるスタッフの方に感謝です。

自宅隔離中もこちらはカメラオンにしての位置・健康状態の確認もあり
関わってくださっている検疫所などの方には頭が上がりません。

無事に隔離期間を終えたら、
ワクチンの2回接種をまもなく終える予定の
おじいちゃん、おばあちゃんにも元気に会えるといいな~
とその日を心待ちにするズボラ母なのでした。

更新頻度の低い娘のブログ
夏休みにつき、少しずつ再開してます
もんさんイギリス大学留学日記/スウェーデン大学院留学日記




yossy1421 at 11:00|PermalinkComments(0)

2021年02月01日

就活とは自分と向き合うこと

以前にボストンキャリアフォーラムのことを書きました。
過去ブログ:オンライン就活
     直したいのは日本 ~ボスキャリにも参加~

大学院1年生の娘、
就活をスタートしております。

今のところは日本企業への就職を目指しているのかな?

海外で就職したいと思ったり
最初は日本で就職したほうがいいかなと思ったり
心は揺れますが
活動はスタートしなくてはならない。

ボストンキャリアフォーラムを主催する
CFN(キャリアフォーラムネット)
 の説明会に参加したよー」

と聞きました。

CFN(キャリアフォーラムネット)ウェブサイトはココ

 企業情報のリリース時期や
 就活のステップ
 フォーラムのスケジュール

などを聞いたようです。

自己PR文や、CV(履歴書)の作成もスタート。
そのためにいろんなウェブサイト、YouTube動画などを参考に
自己分析もやってみたらしい。
自己理解のステップ、的な!?

そのおかげで
 自分の価値観を明文化することができ
 自分のことを多少なりとも理解することができた

と言ってました。

苦手なグループワークでも
自分の立ち位置がわかると
取り組みやすくなったとか。

自分のことを知るって大事ですね

ズボラ母もそうでしたが
就活では、自分の強みや弱みを言葉で表現しなければならず
自分と向き合う必要があります。

ズボラ母にとっては時に辛い作業ではありましたが
娘は意外と前向きだな(笑)

建築や都市計画といった専門性があるだけに
企業に沿った自己PRを作るのは
なんだか違和感があるようですが

そのまんまで就活に向き合ったらいいよーー

とズボラでない父とエールを送ったのでした。

コロナで
就活の方法もずいぶん様変わりしていますが
今は
オンライン・インターン
ってのがあるんですね。

どうやってやるんだろう・・・・

また体験したときには、教えていただこう~
オンライン・インターンを妄想するズボラ母なのでした。





yossy1421 at 14:19|PermalinkComments(0)