娘の成長

2020年12月05日

ズボラ母らしくないゾ!?

今回は、娘のスウェーデン留学にあんまり関係ない話でごめんなさい。
ズボラ母の、ズボラ母っぽくない話です。

ここのところ、次女のことで心を痛めていたズボラ母です。
 次女ブログ:悩めるズボラ母。。。 ~専攻を変えたい~

次女もオーストラリアに留学しているのですが
前回LINEビデオで話した時に、
ブログ↑の内容のとおり、進路の話で気まずく終わり、
それっきり既読もつかないし、反応がなくなってしまった・・・

放っておけばと思うものの、心配して心病み
「親ってつらいわーー
と長女についつい弱音を吐いてしまう始末。

長女も思えばもう22歳。
娘に慰められるようになってしまいました。
情けないなと思うとともに
娘の成長も感じて、嬉しくなったできごとでもありました。

でも、娘に話を聞いてもらって、
本当に心が軽くなりました。

娘に言われたのは
「ズボラ母っぽくない投稿になってるよー(笑)

たしかに!

来週にプレゼンを控え
相当忙しいであろうときなのに
話を聞いてくれてありがとう

持つべきものは娘ですね!

長女に
「アイツのことだから大丈夫だと思うよー
 そのうち返事あると思うよー

と言われた翌日、
次女から返事ありました、とさ(笑)

次女はただ勉強も忙しかっただけかもしれないのに
ズボラ母が不安を増幅していただけなのかもしれないですね。
長女のいうとおり
確かにズボラ母っぽくない状態だ(笑)

久しぶりに自分の投稿の以下を読みました。
 過去ブログ:子どもの選択を信じるということ

先の読めない未来ですが
子どもの選択、
また子ども自身を信じるということ

一番大事なことなのかな、とあらためて考えさせられました。

母がズボラでいられるのは
親があれこれ言わなくても
前へ進む力、生きる力を娘たちが持ってくれているから。

慰められるとともに
これまでもそうだったけれど
子どもから教わることのほうが多いな~
としみじみ思うズボラ母なのでした。

これからもよろしくね


 






yossy1421 at 20:04|PermalinkComments(0)

2018年10月14日

大学2年生のはじまり

ファウンデーションで1年
大学1年生

を経て、イギリス生活3年目に入った娘。

大学2年生の学校生活がはじまり、
新しいプロジェクトも始まった!
と忙しそうな娘です

でもハタでみていて、心の余裕が全然違う!

休暇中よりはLINEでの連絡も少なめなのですが
「新学期忙しい?」と聞いたら
「忙しいけど楽しくやってるよー」
と心強い返事。

とにかく1年前は
ニューカッスルで新生活をはじめること、
大学に慣れること

だけでもいっぱいいっぱいそうでした。

娘のブログによるとこんな感じ。
留学2年目の始まりはかなり過酷」(もんさんイギリス大学留学日記

このブログを読むと
ズボラ母と羽田空港で別れてからこんな過酷だったんだ!
(でも到着後もそんな泣き言は聞かなかったし、弱音も吐いてなかったゾと尊敬
とちょっとウルっとしてしまうのですが
繰り返し読んでしまいます。

そんな状況に比べたら
2年生になった今は、
純粋に建築学部の勉強を楽しんでいる気がします。

また大変なことも起きてはいるんだろうな~と想像はしつつ
さらなる娘の成長を感じるズボラ母なのでした。






yossy1421 at 18:02|PermalinkComments(0)