北欧留学

2019年11月11日

大学院アプライに向けて

前回高校の成績証明書を探していましたが、結局見つからず・・・

同じ高校に通う次女も留学のため英文成績証明書が必要で
そのついでに長女の件も問い合わせたら、
卒業後5年間は成績証明書を出していただけるそうなので

卒業証明書
成績証明書
いずれも英文で、あらためて発行してもらいました。

こういうものはちゃんと保管しておかないとダメですね~

でも高校側も早急に発行してくださいました。
ありがとうございます!

さらに英文の残高証明書も必要で
これはズボラでない父が銀行に依頼し、日本の自宅へ郵送で届きました。
なぜか宛名も英字で届く。

これであとは本人が志望動機のエッセイなどを書くのでしょうかね~

またまたズボラな母は頼まれたことしかできていないですが
これが就活だろうがなんだろうが
20歳も過ぎて、大人になって
それこそ本人の人生。


自分で稼げるようになるまでは
経済的援助と
日本でしかできない上記のような事務処理
はあるのでしょうが
今後のことは娘の報告を聞いて・・ということになりそうです。


ニューカッスルはもう
クリスマスのイルミネーションがスタート
冬のニューカッスルも見てみたい

大学の卒業セレモニーまでのカウントダウンをひそかに行い
夏にはニューカッスルへいくぞ!
ともくろんでいるズボラ母なのでした。






yossy1421 at 12:19|PermalinkComments(0)

2019年10月06日

大学院留学に向けて

この前スウェーデンの大学院留学の夢についてお話したばかりですが・・・
最初の夢は北欧留学

最近の娘からのLINE
このスウェーデンネタばかり

スウェーデンをはじめとする大学院情報
 サステナビリティ建築などをキーワードに検索
 スウェーデンのほか
 フィンランド、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、イタリアなどなど

 ココには大学院の費用も書いてあります。
 study portals masters

海外留学支援サイト
 スウェーデンを選択すると、たくさんの関連サイトがリストアップされます。

THEBest Universities in Sweden

などなど、今までは無縁だった情報もりだくさん。

こちらでも本屋さんなど探してみましたが、
大学院留学そのものの情報が少ないうえ、
北欧となるとさらに少ない・・・

この本には北欧のことも書いてあってちょっと安心。
「大学院留学のすべて 入学後絶対後悔しないための10のステップ」
佐藤庸善 著 大学院留学コンサルティング 編

IMG_8353

このステップも大変参考になります。

まずは院留学に向けて
IELTS受けなきゃ!!
焦っていた娘。

いろいろ調べていくうちに、
すでにイギリスの大学生なので
あらためてのIELTS受検は必要ないこともわかったようです。
(どっちにしてもIELTSは受けてみるらしいですが・・)

まだまだリサーチの入り口にたったばかりですが
次にやりたいことのイメージ

調べたり、知ったりすることによって
具体化していっているな~と思います。

とにかく応援するしかないズボラ母なのでした



 


yossy1421 at 14:08|PermalinkComments(0)

2019年09月28日

最初の夢は北欧留学

高校1年生のとき、
はじめて留学エージェントをたずねたときは
本当はスウェーデン留学をしたかった娘。

都会ならばいろんな選択肢も相談できたのかもしれませんが
地元でたずねた留学エージェントで扱っているのは
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド・・・
英語圏の留学先
のみとのこと。

かつ、聞くとスウェーデンの大学進学となると
スウェーデン語が必須とのこと
これではとても間に合わない・・と、
建築ならばヨーロッパで・・ということでイギリス進学を選択しました。

高校生だったその頃はスウェーデン語の本もひそかに買っていた娘。
そのままひっそりと日本の我が家に眠っていましたが・・・

その火種は消えてはいなかったようで
イギリスでの学生生活3年を経てまたまた燃え上がってきました

去年の夏にズボラでない父とヨーロッパ旅行のときにスウェーデンも訪れています。
 日本で出会ったスウェーデンの友達にもその時に会ったり、
 スウェーデンの大学を実際に訪れてみたり、

観光のみならず、その国での様子を短い時間ながら知ったようです。
もんさんイギリス大学留学日記(スウェーデン)

大学2年を終えて、
日本でのインターンシップも経験し、

ますます卒業後の進路を深く考えるこのタイミング。

先日イギリスへ戻ったばかりですが
「やっぱり卒業後はスウェーデンへ行っていい?」と。

我が家はとりあえずだれも否定・反論しません(笑)
「いいんじゃない?(笑)」

次なる進路はまだまだわかりませんが
リサーチははじまったばかり。

今度はスウェーデンへも旅できるかな~?なんて夢見るズボラ母なのでした。





yossy1421 at 22:34|PermalinkComments(0)