ライティング

2016年10月30日

英会話の先生たち

小学生から大手の児童向け英会話スクールに通っていた娘。

通いだした当初は
「いまどきは早めに英語学習はやっておいたほうがいい」
くらいの漠然とした目的だったと思います。

中学入学を機に、大手のスクールをやめ、ズボラ母が仕事を通じて知り合ったアメリカ人の
A先生(女性)
に英会話レッスンをお願いすることになりました。

ここで中学3年間+高校1年までA先生にお世話になり、娘の英会話のベースができたように思います。

残念ながらA先生が拠点をしばらくアメリカにうつすことになり、その後引き継いでくれたのが
J先生(男性)
オーストラリア人です。

ズボラ母とはビア友(ふたりともビール好き)で、レッスンの最後にはビールの話ばかりして、娘にいつも怒られる大人ふたり(笑)

J先生にはIELTS指導経験もあり、スピーキング、ライティングの力をつけてもらい、最初のIELTSでは思ったよりも高いスコアをとることができました。

J先生もそのIELTSのあと、お仕事の都合で継続することができなくなり、次にお願いしたのがニュージーランド人の
G先生(男性)。

大学でも教えている先生で、短い期間ながら今のファウンデーションに、期限までに必要なバンドスコアをとるために尽力してくださいました。

ファウンデーションの入学許可書をGETしたのち、入学までの数か月間も英語をブラッシュアップしたい、また大学に入ってからも必要なライティングの力も身につけておきたいということでお願いしたのが
M先生(男性)(アメリカ人)。

M先生は私の英会話の先生でもあり、AmazonUKの炊飯器のくだりでもでてきた先生です。

思えばいろんな先生にお世話になり、支えられてここまできました。

何より外国人と話すことは、つたない英語ながらほとんど抵抗のない状態にいつのまにかなっていたようです。(本人談)

イギリス人の先生はいなかったのですが、いろんな国のアクセントや表現にも触れられたことは、きっと役に立っているはずです。

それぞれの先生に教わったこと、
何が効いたか
などはまた書きたいと思います。

A先生J先生G先生M先生、ありがとうございました!
今後も娘を見守ってやってください!!


yossy1421 at 21:48|PermalinkComments(0)

2016年10月13日

IELTSの勉強

IELTS(アイエルツ)は、留学エージェントで教えてもらって初めて知りました。

International English Language Testing System

イギリスの大学へ進学するためには避けては通れない英語のテストです。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能をバランスよくとらないと、行きたいファウンデーションにも入れません

現在娘が通っているファウンデーションのコースには、4分野すべてが5.5以上必要でした。

まずはどんな問題かを知るためにも、対策本を買ってやってみたらいいと留学エージェントで聞き、そのまま本屋さんへ行き、1冊買ってみました。

TOEICなんかに比べ、種類の少ないこと!!(笑)

ズボラ母のため、どんな問題なのかいまだよくわかっていないのですが、とりあえず娘はこの本に取り組みました。

ただうまく自力で勉強できないのが
ライティングスピーキング

これはネイティブの先生に英会話を習っていたので、IELTS対策をお願いしました。

一問一答みたいなものとは違うようで、
自分なりにテーマについて意見をまとめたり、
意見をサポートする事例を準備したり
するのにも苦労していました。

そういえば娘は、国語でもこういうの苦手だったんだよな。。。

余談ですが

 
「国語が苦手なのは、ママが寝る前に読み聞かせしてくれなかったからだ!」

 
「本読み宿題をちゃんと聞いてくれなかったからだ!」

と成長してから文句を言われたことがありました。

確かに「読み聞かせ」というワード、子育て期によく聞きましたが、仕事から帰って最低限のこと(=食事とお風呂とか)をやったら、知らぬまに娘たちはバタンキュー。

たまに床で寝てたりするwww

国語の本読みが終わったら、保護者のサインをする宿題ってあると思いますが、たまには
聞いてないのにサインしたり、
ズボラ母ができてなくて娘が保護者のマネしてサインしていたり。。。

本当にいいかげんでした(ごめん)

余談が長くなってきたので、英会話の先生にお願いしたIELTSの勉強のことはまた書きます~





yossy1421 at 19:45|PermalinkComments(0)