ポートフォリオ

2019年05月23日

ポートフォリオ完成!

イギリスでのお金はマネパを使っている我が家。
イギリスで使うお金 ~マネパ~

娘の利用があれば、マネパからメールがズボラ母に届き
金額や利用場所が確認できます。


久々に届いたなーと思ったら、
86.73ポンド!?

結構な金額(1ポンド=140円としても約12,000円!?)だけど
何だろうね~とズボラでない父と話していたら
タイムリーに娘からLINE

「ポートフォリオの印刷代です!」


確かに5/23がポートフォリオ提出の期限と聞いていたので
無事完成したんだ~、お疲れ様~
といいつつも
いったい何部印刷??

と思ったら、1部!
A3で140ページだそうです。

それにしてもコピー程度に思っていたズボラ母は腑に落ちず(笑)

あとで実際に完成したポートフォリオ
Instagramのストーリーで見たところ立派な製本!
紙の質もめっちゃ良さそう

これって提出しちゃって、手元には残らないのね・・・

日本に帰国したら自分用に製本させてほしいとのこと。
どうぞ、どうぞ!

たぶん建築の人って、こういうのをもって就活する!?
ズボラ母の勝手なイメージ!?

製本した実物をわからないながらも見たいな~と思うズボラ母なのでした。
 


yossy1421 at 12:14|PermalinkComments(0)

2018年05月27日

1年の集大成

5月なかばで大学1年生も終了。

1年生の集大成として
これまで取り組んできたプロジェクト、課題をまとめた
ポートフォリオ
が完成した!と連絡がありました。

いろいろなソフトウェアを使っているせいか、
ファイルがとても重かったものの(200MBくらい)共有してもらいました。

見てビックリ!

113ページの大作です!!

しかも表紙からアーティスティックでかっこいい!

一部の
模型や
絵、
リサーチのための写真など

は以前に見せてもらったものもありましたが、
1年分まとまると迫力ありました。

建築学部にいるんだなぁ~と実感。

これがどういう評価になるのかはズボラ母にはサッパリわかりませんが、

幼い頃の工作や絵
小学校での図工の作品
中・高の美術での課題
イギリスの大学に入るために作ったポートフォリオ

その延長線にこれがあるのか・・と思うと感無量です。

まだ本当に入口なのでしょうけれど、
今後うみだされる作品や本当の建築物も楽しみ

まずはポートフォリオの作成お疲れさまでした!

娘はその後大学にポートフォリオを提出しましたが、
6月なかばごろまでは大学から
フィードバックや
再提出などの連絡
が入る可能性があるため、留学生も帰省したりせず、とどまっていなければならないそうです。

とはいえ、多くの留学生が提出するやいなや旅行や帰省に旅立つそうですが(笑)

まじめな娘は6月なかば以降に旅行を設定しているみたいです
がんばった分だけ評価も報われるといいな~と願うズボラ母なのでした。





yossy1421 at 14:23|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

4か月の休暇!?

大学1年生ももうすぐ終わります。

娘の通う建築学部は、日本でいういわゆる「試験」がなく

ポートフォリオ(作品集)を出したり
模型を出したり、
エッセイを提出したり


で終わるので、試験週間があるものの、その最初に課題を提出したら
終わり!
だそうです。

再提出を命じられる学生もいるので、
留学生はすぐに帰省・帰国しないように!
とお達しがあるらしいですが、
多くの学生が、母国や旅行でニューカッスルを離れてしまうのだそうです(笑)

そうなると5月下旬から9月下旬まで
夏休みが約4か月!?

ズボラでない
「学費、高いな・・・
とボソリ(笑)

この期間中に娘は
中国へ旅行
父とのニューカッスルはじめヨーロッパ旅行

をします。

日本には来年まで帰国しない予定です。

とはいえ、4か月もあるといろんなことができそうですね。

インターンも考えたようですが、
間に旅行を挟むと条件にあわないものもあり
今回は見送り・・・

社会人になったらこんなまとまった休み
かつ
家事や育児に追われない休み
って一生とれないかも!?

「旅行」ってわざわざ行かなくても
すでにイギリスにいるわけなので、いろんなことができそうですね。

有効に使ってくれるといいなぁ~と願うズボラ母なのでした。






yossy1421 at 12:22|PermalinkComments(0)

2017年05月05日

4つめのオファーGET!

前回忘れたころに申請した大学からポートフォリオの提出依頼がきたと書きました。

なんとその大学からも
オファーをいただきました!!

日本時間では朝の4時頃でしたが、娘から
「ママ、起きて!起きて!」
LINE

あまりたくさんメッセージがくるのでうるさくて(笑)主人もズボラ母も起きました

LINEにはUCASの画面の写真が。

5大学申請のうち4大学からオファーがきていることが確認できました

ただ、ファウンデーションのすべてのタームが終わっていないので、すべて
コンディショナルオファー(条件付き合格)

さらにうち3大学はIELTSのスコアもさらに伸ばさなければならいことがわかっています

このIELTSに悩まされている娘

ファウンデーションの先生は、どんどん受けろというけれど
この試験はそんな短期間では伸びないこともこれまでの経験や、
日本での先生からそのように聞いて実感しています。

これからどれくらい伸びるかわかりませんが、やはり高みを目指して引き続きがんばる娘なのでした


yossy1421 at 18:58|PermalinkComments(0)

2017年04月24日

忘れたころに・・・

申請した5大学のうち1つはまだ合否について音沙汰がない状態でした。

すでにオファーがあった大学もあったので、都市含め見学に行った話を書きましたが、最後のこの1つの大学は

もうダメなのかな~

と娘も親たちも忘れかけていた感じでした。

するとポートフォリオの提出を求める連絡がその大学から今頃やってきたそうで、提出を済ませたそうです

その連絡がきただけで、オファーをもらえるかどうかはわかりませんが(笑)

いまだにイギリスでの大学申請のシステムはよくわからないズボラ母。

5大学と申請できる数が決まっているけど、もしも全部ダメだったらどうなるの??

その場合は
UCASエクストラ
または
UCASクリアリング
というシステムがあって、再トライできるのだそうです。

一定の条件があるようですが、2次募集みたいな感じなのかな?
クリアリングのほうは定員に空きのあるところを受けるシステムのようです。

日本の大学受験のしくみも年々変わったりして、すでについていけていませんが、留学となるとますますわからない・・・

ファウンデーションの先生が支えてくれていますが、本当に親は何の役にも立たず

何もわかっていないのにあとからうるさく聞くだけで、娘よごめんね~~と思うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 21:52|PermalinkComments(0)