プレゼン

2019年03月29日

卒論

3年間ある大学生活のうち、現在2年生のなかば。

今年の秋に最終学年の3年生を迎えます。
早いものですね・・・

少し前から
「卒論のことでさ・・」
と相談がくるようになりました。

卒論では
スーパーバイザー
パーソナルチューター

がいるそうで、
卒論の相談をし、アドバイスを受けながら取り組んでいるそうです。

スーパーバイザーを選ぶにあたり、
テーマはこの先生だから・・と選んだものの
過去にとった授業の様子からはちょっと心配していた様子。

しかし卒論のプレゼン(おそらくテーマを決めていく最初のほうの段階)が終わって
「無事プレゼン終わった!
 今までで一番かも!」
と嬉しそうな連絡

「卒論のスーパーバイザー当たり!
 オイオイ、ちょっと上からではありませんか(笑)?

とにかく大学教授だけれど、面倒見のいい方
エッセイのスコアもグンと上がったのだそうです。

まともな日本語で話すのと同じレベルとはいえないけれど
プレゼンでちゃんと努力が認められた気がした、
と。

ちゃんと伝わったんだね!

プレゼンが苦手だった娘。
渡英当初から語学のハンデもあり、
特にSpeakingのスコアを上げるのにもかなり苦労したりで
プレゼンの授業前には相当な緊張をし
プレゼン後にはガックリして連絡をしてくる
・・ということが少なからずありました。

それがこの報告はズボラ母も嬉しい!

卒論テーマも面白そうで、その相談もきていたのですが
また追って書こうと思います。

自分はどんな卒論書いたっけな?と遠い昔に思いを馳せるズボラ母なのでした。




yossy1421 at 06:42|PermalinkComments(0)

2018年03月21日

プレゼン終了

前回個人ワークの話を書きました。

試行錯誤を重ねて、そのワークのプレゼンの日を迎えたようです。
最後のできあがりを見たら、立派なショッピングモールにできあがっていました

プレゼンが終われば休暇が待っているというのに

夏はプレゼン特訓する!

イースター休暇はエッセイに特化してがんばる!

全然休んでる暇はない!

負けたくない!

とかなりアグレッシブモード(笑)

これだけ打ち込めるのは本当にありがたいことですね。
うらやましいです。

プレゼンの前夜は、もうあきらめようかと思ったけど
夜中1時まで頑張って仕上げたそうです

行ってみると個人ワークだと頑張ったかどうかの差は作品をみると明らかだし
評価はどうなのかわかりませんが
本人の達成感はあったようです。

ズボラ母も一度フラットと、大学には行ったので
あの道を模型を抱えて(もしかしたら雪の中)行ったんだなーとちょっと
じーんとしました

それでもまだ通過点なのですよね、1年生だしはじまったばかり。

気が張っていると身体のことを忘れがちなので
そうはいってもイースター休暇は少しはのんびりリラックスしてほしいな~
と思うズボラ母なのでした。

プレゼンお疲れ様!


yossy1421 at 09:51|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

眠れない・・・ ~グループワーク~

やることがたくさんありすぎて眠れない・・と娘。


課題もたくさんあるし
モデル(模型)も作らなければならないし
プレゼンの準備もしなければならないし


確かに忙しそうやることいっぱい

大人でもそうですよね。
仕事や家事に追われ、一度には1つのことしかできないのに、
「やらなきゃいけないこと」
が頭でぐるぐるして、今やっていることにも集中できないし、頭から離れない。
落ち着いて眠ることもできなくて、頭が働かなくて、悪循環。

明日やったらいいことは明日でいいんだよ

・・といってみたけど娘のグチめいた話を聞いてみると。。。

大学では建築学部はレクチャーは全体のごく一部で、
多くはグループワークとなり、5人1グループくらいで取り組むのだそうです。

が、

5人のうち3人が授業にこない・・
2人で準備を進めなければならず、そりゃーやること多くなるよ。

そのうえその3人はプレゼン間近になったら登場して
今まで参加しなかったのに、できあがりつつある内容にケチをつける
数日前のスタートだからもちろんプレゼンにいろいろまにあわない・・・

ズボラ母:「やることが多いからじゃなくて、対人ストレスじゃない?」

娘:「あ、そうかも」


やることが多くてもがんばる娘ですが、
自分がやることについて腑に落ちていなかったのでしょうね

そういうことあります、あります!

大学っていろんな学びの場なんですね

とにかくプレゼンが終わってスッキリしたようすで一安心

それでもプレゼンの評価が5人ひとくくりだとヤだな~と内心思っていたら
準備に使った個々のスケッチブックを先生に提出するのだそうです。

それをみたら
デザインに使った紙の枚数とか、
スケッチブックのくたくた感とか、

一目瞭然なんだそうです。

プレゼンについて質問を受けたときも、ちゃんと準備をしていた2人しか回答できないし(笑)
先生しっかり見てほしい!と願うズボラ母なのでした。






yossy1421 at 13:00|PermalinkComments(0)