ソーシャルディスタンス

2020年11月17日

スウェーデンのコロナの状況

スウェーデンの独自のコロナ対策
日本でもよくニュースに取り上げられますね。

ロックダウンをしないスウェーデンの試みは
コロナ初期にも大変話題になりました。

*最初「集団免疫を目指したスウェーデンの試み」と記載していましたが、 
 娘の指摘もあり修正しました。
 一部日本の報道では、そのようにありましたが
 スウェーデンの取組は「集団免疫」を目指したものではなく、結果的に得られるかも、というもの。
 ロックダウンをしなかったのは、長期に及ぶことを予測し、
 経済や精神衛生の面で今後耐えられるような対策を、と考えたためだそうです。
 勉強になりました!!

 

感染の広がるヨーロッパにおいて、
ロックダウンをしないコロナ対策

よい例として取り上げられることもあれば
悪い例として非難されることもあり
安心したり、心痛んだりの繰り返しです。

最近はそんなスウェーデンも
自粛モードへ方向転換か?なんていうニュースが日本でも流れていました。

娘に聞いたところ・・・

スウェーデンは上述のとおり
ロックダウンはしていないのですが
そもそも自律的、自発的に、個々人がコロナ対策をしている感じらしい。

マスクはつけませんが・・・

国民性もありそうです。

ロックダウンはないといいながらも
娘が8月にスウェーデンンにいってから、
かなりの授業がオンラインとなっています。
自由に生活しているイメージだったので、少し驚きました。
逆に安心もしたズボラ母。。。

大学も今後しばらくは通学がなくなるし、
シティセンターに行く用事もないので、
通学用の自転車はベランダに(盗難防止に)移動させたと言ってました

スウェーデン人はそもそもソーシャルディスタンスが広いんだそうです。

列に並ぶときも、元々人と人との間にスキマがある。
なのでコロナ対策のよびかけも
「ソーシャルディスタンスをとってください」
ではなく
「いつもより、ソーシャルディスタンスを少し長めに」
という呼びかけになっています。

そう、自粛等々もすべて「お願い」ベース
そのとおりに自発的にやる人が多いので
対外的に「ロックダウン」扱いにはなっていない・・ということもあるようです。

しかし!
娘と同じ寮生が、コロナ陽性の友達がいたためPCR検査を受けたそうで
陰性だったとの報告をもらったそうです。

大学がらみもチラホラいるようで、これからの寒い季節油断ならないですね。
ウィルスはすぐそばにありそうです。。。

一方次女のいるオーストラリアはかなり封じ込め
ロックダウンもはずれました。
次女のいるビクトリア州は2週間以上、新規感染者ゼロが続いています。

遠くのことを心配していたら、
足元の日本が第3波

早く家族全員で会いたいな~~
切に願うズボラ母なのでした。







yossy1421 at 18:28|PermalinkComments(0)

2020年09月14日

みんなやる気満々!

引越問題、ダニ問題を乗り越えて
寮生活に慣れてきた娘です。

 過去ブログ
 ダニ問題:ベッドに寝られない・・・ 
 引越問題:引越し荷物届いてないよー ~I missed you... ~


あっというまに大学院の授業もスタートです。

寮からは自転車で通学しています。

留学してからはじめて自転車を買いました。
日本の我が家にはすぐトナリに自転車屋があって
買えばすぐに持って帰れますが
スウェーデンでは発注してから組み立てだそうで、
1週間ほど納品までかかりました。


それでも自転車専用道路もきちんと整備されていて
通学は快適です

授業はコロナ対策もあり、
対面と遠隔のハイブリッドのようです。

早速ヘルシンボリ(ルンドより少し北の街)にフィールドワークへも行ったそう。
授業を対面で行う場合は
一定のソーシャルディスタンスが必要なため
人数によっては使える部屋が限られていて
ある日は屋外で、青空教室してました(笑)

しかし1週間ごとに
「1週間やっと終わった・・・
とかなりお疲れな様子

毎日9-17時でみっちりなうえ、
グループワークでもみんなの熱量がすごいのだとか

グループワークでは過去こんなことを書いていました。
 過去ブログ 眠れない・・・~グループワーク~
 一方の個人ワーク →過去ブログ 個人ワークはワクワク

イギリスでの大学生時代は、
上述の過去ブログにもあるとおり、
グループワークではテキトーにサボる輩もいて、
「途中サボっといて、最後のプレゼンだけ来るヤツがいる!!(怒)」
と憤慨していた娘。

それが一転、ルンド大学の院に入ってからは
サボる人なんていないどころか
みんなやる気満々

17時までなのに、議論が盛り上がり
遠隔のときは帰る必要がないからと
(対面のときは帰る場所によって、もう切り上げよう、ってことにもなるらしい)
ついつい終了が遅めになるんだそうです。

やっぱり勉強に対する熱量、すごい!

見渡すと大学院に、
大学を卒業してすぐに入っている人は少なそうということでした。
一度インターンや、就職などしてから
大学に戻ってきた人が多く、娘は一番若いくらいなのだとか。

大学⇔仕事を行き来できる風土は本当にうらやましいです。

息切れしながらもよい環境で勉強できている娘を見て
いい大学院選んだな、とほくそ笑む
ズボラ母なのでした。




yossy1421 at 14:41|PermalinkComments(0)