スピーキング

2016年11月19日

またもやIELTS

日本に届く娘のクレジット明細を見ていたら、ファウンデーションに支払ったと思われる
153ポンド(約2万円)の請求が!


結構高額・・・

教材費とか、キャンパスツアーとか、もろもろの追加費用かな?

聞いてみたら12月に受検するIELTS(英語の試験)費用でした。

日本では昨年の
5月(地元)と
11月(大阪)で

受検しました。

これはこの2回の受検の間に制度が変わったのですが、ファウンデーションへの入学書類の場合、
IELTS Academic for UKVI
での語学力証明書類が必要となってしまいました。

UKVIとは、
UK Visas and Immigration
という意味で、英国内務省が発表のSecure English Language Test(SELT)のひとつとして認められた試験です。

持ち込むものも厳しく制限されます。

とにかく、地元では受検できず、UKVIの実施は東京・大阪の2か所のみなので、仕方なく近い(といっても東京より近いだけ)大阪を申し込みました。

大阪は普段仕事でも行くことがないので、付き添いのズボラ母はちょっと旅気分

朝が8:15集合
と早いので、娘と私は新幹線で行き、

別に来なくてもいいのですが(笑)、次女が
「アメ村に行きたい~」
ということで主人と次女はあとから車で追っかけてきました。

娘の受検の最中は大阪見物

しかしスピーキングは当日中実施でよかったものの(日程によっては翌日以降になることも)
当日の最後の回だったようで、お昼から16時まではポッカリ時間が空き、娘も一緒に大阪見物(笑)

夜はお好み焼きを食べて車で家族4人で帰ったのでした。

12月頭の次回IELTSは大学の申請書類にもなるよね、きっと!
英語は全然イギリスきてから上達してない・・
と弱音を吐いていた娘だけど、目標があるからがんばれる

今回も力を出し切ってほしいな~~と思うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 18:42|PermalinkComments(0)

2016年10月13日

IELTSの勉強

IELTS(アイエルツ)は、留学エージェントで教えてもらって初めて知りました。

International English Language Testing System

イギリスの大学へ進学するためには避けては通れない英語のテストです。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能をバランスよくとらないと、行きたいファウンデーションにも入れません

現在娘が通っているファウンデーションのコースには、4分野すべてが5.5以上必要でした。

まずはどんな問題かを知るためにも、対策本を買ってやってみたらいいと留学エージェントで聞き、そのまま本屋さんへ行き、1冊買ってみました。

TOEICなんかに比べ、種類の少ないこと!!(笑)

ズボラ母のため、どんな問題なのかいまだよくわかっていないのですが、とりあえず娘はこの本に取り組みました。

ただうまく自力で勉強できないのが
ライティングスピーキング

これはネイティブの先生に英会話を習っていたので、IELTS対策をお願いしました。

一問一答みたいなものとは違うようで、
自分なりにテーマについて意見をまとめたり、
意見をサポートする事例を準備したり
するのにも苦労していました。

そういえば娘は、国語でもこういうの苦手だったんだよな。。。

余談ですが

 
「国語が苦手なのは、ママが寝る前に読み聞かせしてくれなかったからだ!」

 
「本読み宿題をちゃんと聞いてくれなかったからだ!」

と成長してから文句を言われたことがありました。

確かに「読み聞かせ」というワード、子育て期によく聞きましたが、仕事から帰って最低限のこと(=食事とお風呂とか)をやったら、知らぬまに娘たちはバタンキュー。

たまに床で寝てたりするwww

国語の本読みが終わったら、保護者のサインをする宿題ってあると思いますが、たまには
聞いてないのにサインしたり、
ズボラ母ができてなくて娘が保護者のマネしてサインしていたり。。。

本当にいいかげんでした(ごめん)

余談が長くなってきたので、英会話の先生にお願いしたIELTSの勉強のことはまた書きます~





yossy1421 at 19:45|PermalinkComments(0)