コンディショナルオファー

2017年05月17日

第一希望と第二希望

4大学の条件付き合格をGETしたことを書きました。

その後
firm choice (第一希望)
insurance (第二希望)
を選択する必要があります。

この英語での選択肢を見ると、日本語の第一希望・第二希望よりも、意味合いがはっきりしている気がしますね。

ファウンデーションコースにいる限り、最終成績が出ていない今、
コンディショナルオファー(条件付き合格)
しかないわけですが、この2大学を選択するということは
ほかの条件付き合格の大学のオファーを断る
ということで、将来を左右する重大な選択ともいえます。

娘は行きたいところははっきりしていたので、すぐに選択。

「もう期限だから、決めたよ~~」
と報告あり。

父のほうは、UKの大学ランキングをみたり、立地などの条件をみたりして
これでいいのかな~?なんて迷っている(笑)

案外学費の比較はしなかったです(笑) のんきな親ですね・・・

それでも父も、ズボラ母もやっぱりIELTSをがんばって
firm choiceのほうに合格してほしい!
と思っています。

長いような気がしていたファウンデーションコースの期間もあと1か月。
結果はどうなるとしても悔いのないようにがんばってほしいな~と思うズボラ母なのでした。


yossy1421 at 09:57|PermalinkComments(0)

2017年05月05日

4つめのオファーGET!

前回忘れたころに申請した大学からポートフォリオの提出依頼がきたと書きました。

なんとその大学からも
オファーをいただきました!!

日本時間では朝の4時頃でしたが、娘から
「ママ、起きて!起きて!」
LINE

あまりたくさんメッセージがくるのでうるさくて(笑)主人もズボラ母も起きました

LINEにはUCASの画面の写真が。

5大学申請のうち4大学からオファーがきていることが確認できました

ただ、ファウンデーションのすべてのタームが終わっていないので、すべて
コンディショナルオファー(条件付き合格)

さらにうち3大学はIELTSのスコアもさらに伸ばさなければならいことがわかっています

このIELTSに悩まされている娘

ファウンデーションの先生は、どんどん受けろというけれど
この試験はそんな短期間では伸びないこともこれまでの経験や、
日本での先生からそのように聞いて実感しています。

これからどれくらい伸びるかわかりませんが、やはり高みを目指して引き続きがんばる娘なのでした


yossy1421 at 18:58|PermalinkComments(0)