グループワーク

2020年10月20日

クラスに15国籍!?

前回
プレゼン
フィールドトリップのことを
書きました。

 前回ブログ :プレゼンも場数が大事!?

同じグループにスウェーデン人がいたことも手伝って
娘のグループだけ思い切って
対象の都市に出向いてフィールドワークをできたのですが
スウェーデンの大学院ながら、
クラスでスウェーデン人はメジャーではないのだそう。

留学生だからってマイナーでもないのです。

以前ここでグループワークのことを書きました。
 過去ブログ :みんなやる気満々!

このときのグループには娘含め4人いて
イランやエクアドル?からの留学生も含まれていました。(うる覚え)

今回のグループは
スウェーデン人アイスランド人って言ってたかな?
今回は北欧勢ですね(笑)

クラス全体は20数名なのですが
娘含めアジア人が確か3人(中国・台湾・日本)
スウェーデン人は2人?
そのほかイタリア、フランス、ノルウェー、アイスランド、
ブラジル、メキシコ、オーストラリア・・・
などなど
15国籍いたそうです!!

メジャーもマイナーもないですね!
地球の縮図!?

日本はどうしても島国なので、
「外国へ行く
「外国で勉強する
「外国で働く
がどうしてもハードル高くなりますね。
言語もハードルでしょう。

しかしヨーロッパは本当に
国境が日本の県境くらいの感覚!?

今はコロナ禍もあり
余計に国境を越えるのが難しいご時世ですが
そのなかでこれだけいろんな国の人たちと勉強できるのはありがたい。

娘の専攻である「都市計画」のことをとってみても
同級生の国籍やバックグラウンドが違うので、
フィールドトリップできなくても
みんなの話を聞くだけで勉強になりますね!

ズボラ母も、今住んでいる日本の街の
「ダメなとこ送って!
と娘に頼まれているので、先日は
 ごちゃごちゃにからみあう電線の風景や
 道全体が影になってしまう路地
 派手な看板だらけのビル
など
写真に撮って送りました。

なんだか日本を少し客観的に見られたような
気分になっているズボラ母
なのでした。





yossy1421 at 09:24|PermalinkComments(0)

2020年09月14日

みんなやる気満々!

引越問題、ダニ問題を乗り越えて
寮生活に慣れてきた娘です。

 過去ブログ
 ダニ問題:ベッドに寝られない・・・ 
 引越問題:引越し荷物届いてないよー ~I missed you... ~


あっというまに大学院の授業もスタートです。

寮からは自転車で通学しています。

留学してからはじめて自転車を買いました。
日本の我が家にはすぐトナリに自転車屋があって
買えばすぐに持って帰れますが
スウェーデンでは発注してから組み立てだそうで、
1週間ほど納品までかかりました。


それでも自転車専用道路もきちんと整備されていて
通学は快適です

授業はコロナ対策もあり、
対面と遠隔のハイブリッドのようです。

早速ヘルシンボリ(ルンドより少し北の街)にフィールドワークへも行ったそう。
授業を対面で行う場合は
一定のソーシャルディスタンスが必要なため
人数によっては使える部屋が限られていて
ある日は屋外で、青空教室してました(笑)

しかし1週間ごとに
「1週間やっと終わった・・・
とかなりお疲れな様子

毎日9-17時でみっちりなうえ、
グループワークでもみんなの熱量がすごいのだとか

グループワークでは過去こんなことを書いていました。
 過去ブログ 眠れない・・・~グループワーク~
 一方の個人ワーク →過去ブログ 個人ワークはワクワク

イギリスでの大学生時代は、
上述の過去ブログにもあるとおり、
グループワークではテキトーにサボる輩もいて、
「途中サボっといて、最後のプレゼンだけ来るヤツがいる!!(怒)」
と憤慨していた娘。

それが一転、ルンド大学の院に入ってからは
サボる人なんていないどころか
みんなやる気満々

17時までなのに、議論が盛り上がり
遠隔のときは帰る必要がないからと
(対面のときは帰る場所によって、もう切り上げよう、ってことにもなるらしい)
ついつい終了が遅めになるんだそうです。

やっぱり勉強に対する熱量、すごい!

見渡すと大学院に、
大学を卒業してすぐに入っている人は少なそうということでした。
一度インターンや、就職などしてから
大学に戻ってきた人が多く、娘は一番若いくらいなのだとか。

大学⇔仕事を行き来できる風土は本当にうらやましいです。

息切れしながらもよい環境で勉強できている娘を見て
いい大学院選んだな、とほくそ笑む
ズボラ母なのでした。




yossy1421 at 14:41|PermalinkComments(0)

2018年02月26日

個人ワークはワクワク

大学の授業のグループワークでストレスを感じていた娘

そのプレゼンも無事終わったことを先日書きましたが、
今度は個人の評価対象となる、個人ワークにうつったのだそうです。

そうなるとマイペースで作業を進められるせいか
俄然元気がでている娘(笑)

一人でもくもく作業が好きなようです。
そもそも建築の授業で作る模型などには夢中な娘。
LINEビデオでも、今作っている作品を見せてくれました。

ダンボール素材のような土台に、
キューブ型を組み合わせたいろんな形のブロックがたくさん。

これを実際に
あーでもない、こーでもないと積み上げてデザインを決めていくようです。
この土台もブロックももちろん手作りです。

今回はショッピングモールのデザインがテーマなのだそうです。(面白そう)

「個人ワークになったとたん、
 まだ数日しかたってないのにこんなに進めちゃった(笑)」

と娘。

”あーでもないこーでもない”の検討作業も、ワクワク作業のようで
うれし気にスケッチブックを見せてくれました。

いろんな国のショッピングモールの建物を調べて眺めるのも楽しい作業のようです。


お菓子の空き箱で工作していた小学生の頃と、
なんらベースは変わってない
気もします

中学のテニス部やクラス委員、高校でのダンス部、などなど
いつも持ち前のリーダーシップを発揮しながらも
強い責任感と真面目さのせいもあり、
グループでのコミュニケーションには苦労してきた娘

それでもその経験が生きて今の大学生活があり
また社会生活へ向かっていけるのでしょうね。
やっぱり人は一人では生きていけません。
組織の中でしか達成できないこともあります。


建築だけでなく
いろんな面で社会にはばたく準備をしているのですね。

それでも、勉強でワクワク、本当にうらやましい。
その「ワクワク」は忘れないでとことんつきつめてほしいな~と思うズボラ母なのでした。





yossy1421 at 10:00|PermalinkComments(0)

2018年02月25日

旧正月

グループワークでお疲れの娘(笑)

プレゼン終了後の週末は、リフレッシュ!ということで
友達を呼んで
旧正月
を祝うホームパーティをしたそうです。

日本にいると「旧正月」がいつか?もピンときませんが
ズボラ母の仕事で関わる中国人の方も、
旧正月は実家に帰省したりの一大イベントのようです。

娘は、ニューカッスルに同じく留学している中国人と日本人とでホームパーティ。
イギリスの文化に触れるだけでなく、
留学生の間でいろいろな文化に触れられるのも、留学の醍醐味ですね。

相変わらず建築学部の1年生(同級生)には日本人はいないそうですが
中国人や韓国人はいっぱい。

ファウンデーション@オックスフォードのときも、
日本人は娘一人だけだったけれど
中国人や韓国人はいっぱい。

娘もがんばって、
留学生のなかでもマイナーな日本の文化の伝道師にならないといけないですね(笑)

娘のおかげで
いろんな国の友達の話を聞くのはなかなか面白いな~
と思うズボラ母なのでした。



yossy1421 at 15:50|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

眠れない・・・ ~グループワーク~

やることがたくさんありすぎて眠れない・・と娘。


課題もたくさんあるし
モデル(模型)も作らなければならないし
プレゼンの準備もしなければならないし


確かに忙しそうやることいっぱい

大人でもそうですよね。
仕事や家事に追われ、一度には1つのことしかできないのに、
「やらなきゃいけないこと」
が頭でぐるぐるして、今やっていることにも集中できないし、頭から離れない。
落ち着いて眠ることもできなくて、頭が働かなくて、悪循環。

明日やったらいいことは明日でいいんだよ

・・といってみたけど娘のグチめいた話を聞いてみると。。。

大学では建築学部はレクチャーは全体のごく一部で、
多くはグループワークとなり、5人1グループくらいで取り組むのだそうです。

が、

5人のうち3人が授業にこない・・
2人で準備を進めなければならず、そりゃーやること多くなるよ。

そのうえその3人はプレゼン間近になったら登場して
今まで参加しなかったのに、できあがりつつある内容にケチをつける
数日前のスタートだからもちろんプレゼンにいろいろまにあわない・・・

ズボラ母:「やることが多いからじゃなくて、対人ストレスじゃない?」

娘:「あ、そうかも」


やることが多くてもがんばる娘ですが、
自分がやることについて腑に落ちていなかったのでしょうね

そういうことあります、あります!

大学っていろんな学びの場なんですね

とにかくプレゼンが終わってスッキリしたようすで一安心

それでもプレゼンの評価が5人ひとくくりだとヤだな~と内心思っていたら
準備に使った個々のスケッチブックを先生に提出するのだそうです。

それをみたら
デザインに使った紙の枚数とか、
スケッチブックのくたくた感とか、

一目瞭然なんだそうです。

プレゼンについて質問を受けたときも、ちゃんと準備をしていた2人しか回答できないし(笑)
先生しっかり見てほしい!と願うズボラ母なのでした。






yossy1421 at 13:00|PermalinkComments(0)