イギリス留学

2019年09月16日

インターンシップでの学び

県外(but日本)でのインターンシップをなんとか最後までやりとげ、
地元に帰ってきました。

悩むことも多かったこの期間ですが・・・

実質2か月という長めのチャンスを与えていただいたので
数日や1週間以内のものとは違って
ボス・上司との関係
それにかかわるスタッフとの関係
職場でのコミュニケーション
自分の仕事タイムマネジメント
優先順位のつけかた

などなど
「建築」以外のこともたくさん考え、学ぶ機会になったと思います。

仕事内容のことはよくわからないズボラ母ですが
インターンでやれる仕事って
やっぱり模型をつくったり、図面をひいたり、
細かく時間のかかる作業
が多い

一見「作業」とにみえる仕事を
どう扱うのか、
自分なりにどう1日単位に区切っていくのか。

それは今の働くズボラ母だって考えるようなこと。
本当に「働く」ってことを学んだんだなーという
感慨深い気持ちにもなりました。

ズボラ母の時代には就活でこんな経験なかったけど
「働く」ってことが具体化して、
今後の道選びに役立つ!
とうらやましい気持ちにもなりました。

チャンスを与えてくださったすべての方にお礼を言いたいズボラ母なのでした。



yossy1421 at 07:05|PermalinkComments(0)

2019年08月26日

経験者は語る ~次女への助言~

なんと
次女(高3)も本当に留学という進路を選んでしまいました

<次女まとめ>

長女留学の意外な効果?~次女の場合~
妹のその後 ~姉の留学の影響!?~
留学前に読んだ本 →次女の手へ

今頃IELTSを知るズボラな母。。。

ついに次女もニューカッスルへ!?
次女ニューカッスルへ行く
次女ホームステイ受入



行く国は長女とは違うのですが
条件付き合格をもらって、
だんだんとスケジュールが固まってきました。

3/1 卒業式
3/10頃 日本出発
3/12 学校初日


・・というのが現時点での予定で、
着くや否や学校スタートとなっています。

卒業して、
少しは高校友達との時間も楽しみたいものの
心の準備は現地で整うのか!?

長女に伝えてみたところ
「早めに行った方が自分のためだぞーー!」
とのこと。
経験者は語る。

長女も
オックスフォードに初めて到着したその日に電話契約を済ませ
2日後くらいには学校スタート。


<参考>
Top up って?? ~携帯電話は現地調達~

 ホームステイ先に慣れたり
 身の回りの荷物を整理したり

する時間もあまりなかったご様子。

長女がいうには
 スマホ手続き
 周辺のスーパーと学校への行き方(バスの使い方)確認
 荷解き

などなど考えると
「学校が始まる1週間前に行けるのが理想だと思う」
とのご意見。

そうすると卒業するやいなや飛ばなきゃいけないな・・
悩む次女とズボラ母なのでした。

でも「経験者」「先駆者」がいるのはイメージが湧いて助かる!!



yossy1421 at 12:23|PermalinkComments(0)

2019年08月15日

真夏のインフルB型

休みになると病気を患う娘。。。

今回もやりました!

日本でのインターンシップ期間中の夏休み、
地元へ帰省をして数日はいい調子だったのですが、
隣で寝ている娘が異常に熱いことに気づいたズボラ母。

今年の日本の夏もとても暑いので、
もしかして熱中症!?
・・と冷えピタで冷やしました。

頭痛もするというので
水分をとらせて、
多分熱中症ね・・
と思い鎮痛剤を飲ませていましたが
念のため病院へ連れていき
これまたかかりつけの先生も念のため‥といって検査をしたら
まさかのインフルB!!

「5日間は安静にね~~」
とのこと。

これでは貴重な夏休みが終わってしまうではないか・・・

渡英してはじめての冬休みも風邪。
2017年1月の悲劇

渡英して初めての帰国しての夏休みも発熱。
2017年夏の悲劇

前回の冬休み、親友がニューカッスルを訪れたのに発熱。
2019-2019年年越しの悲劇

今回もインターンシップと慣れないこともやるしで気を付けてはいたのですが
休みに入って、免疫力も下がってたのですかね・・

とにかく普段
緊張して
がんばっている娘。

メリハリが激しすぎる!?

インフルが落ち着くころに、またインターンシップへ戻っていきました、とさ。

せめてインターンが終わって、
イギリスへ戻る前の我が家での休日
では
楽しく元気に(卒論はあるが・・)過ごせるといいな~
と思うズボラ母なのでした。




yossy1421 at 14:25|PermalinkComments(0)

2019年07月28日

ランチタイムのお悩み

国内でのインターン生活も5週間が過ぎました。

相変わらず仕事のことは詳しく聞いてないズボラ母ですが
娘のインターン中のお悩み
それは
ランチタイム

昼食は会社支給なので
買ったお弁当か、外食となるのだそうです。

この条件は出発前から聞いていたので、
自炊になったとしても
とりあえず昼食で生き延びられるなと思っていたズボラ母(笑)

昼休憩は
そうでなくても初のお仕事で緊張している娘にとっては
唯一のリラックスタイム

・・・となるはずが会社の人と昼食をとるため
食べるペースを合わせようとしてしまい
なかなか休めない

娘以外全員男性ということもあって食べるのが早いらしい(笑)

とにかく最初のころはこれが悩みと聞いて笑った!
でもなんかわかる~~

特に仕事で外に出ているときなんか
加えてお客さんが一緒のときなんかは
ランチタイムとはいえそれも含めて仕事みたいなもの。

ランチタイムに限らず、
仕事を実際に体験してみての
「はじめて」「カルチャーショック」はいろいろある模様。

「建築」が本当にやりたいことなのかな?と考えたり
「働き方」について考えたり

本当に貴重な時間をいただいています。

今は1日だけや、1週間のインターンシップなどいろいろありますが
3か月体験させてもらった後にはいろんな意味で成長できるのでは?
楽しみにしているズボラ母なのでした。



yossy1421 at 09:12|PermalinkComments(0)

2019年07月14日

インターンシップ開始から3週間

早いものでインターンシップがスタートして3週間が過ぎました。

日本での一人暮らしもはじめて。

行く前はすごく緊張していたし
動揺もしていたので

親としては心配していましたが、
どこかで、やりはじめれば乗り越えてくれるだろうとは信じていました。

今までだってイギリス留学生活3年もやっているので
いろんな山を乗り越えてきました。

今回は珍しく
未知の世界を前に
やる前にいろんな心配をして
余計に自分を委縮させているような感じ
がありました。

インターン生活がスタートしてみて・・・

大学生活はいろいろつっこんで聞くこともありますが
(とはいえ建築知識がないので、なんとなくしかわらからないズボラ母
就活・インターンがらみとなってくると
いろんな情報も会社・事務所に属するもの。

むやみに詳細報告してくれなくていいからね!とは言っていますが
もともと「女子らしく事細かに連絡してくれるような娘ではありません(笑)

まさに便りがないのは良い便り、ってことで
逆に泣きついてくるようなLINEもなく、
生存確認(笑)できる程度には連絡があったので、ちょっとほっとしました

親の距離感って悩ましいですね。

現場では
建築のお仕事ということだけではなく
働くとはどういうことか
ライフワークバランスのこと
ブラック企業ってなんなのか
将来自分は具体的にはどんな仕事をしたいのか
どんな生活をしたいのか

・・・などなど、
いろんなことを考えるヒントとチャンス
をたくさんいただいているようです。

8月には一度夏休みで帰省をします。

一回り成長した娘に会えるのが楽しみなズボラ母なのでした。







yossy1421 at 12:32|PermalinkComments(0)