大学院進学

2020年04月05日

ついに北欧へ! ~大学院の合否結果~

北欧の大学院に申請していることは以前に書きました。(↓過去ブログ)
高校の成績表!?
大学院留学に向けて
大学院アプライに向けて


合否結果は4/3(金)にでると聞いており
ズボラでない父も、ズボラ母も、ドキドキしていました

現地時間の午後以降かな~と思っていたら
わりと早い時間にLINEビデオが。
結果をメールで受け取った様子。

微妙な表情で
「えーっと・・・
と説明しはじめる娘。

結果は?結果は???

(たしか)4つの大学院にアプライしていたのですが
第一希望の大学院は現時点では合格ならず。
ただしWaiting Listの上から7番目に載っている。(つまり補欠)

第二希望は合格!
現在の大学の最終成績は提出前なので、条件付き合格となっています。

スウェーデンに行けることは決まった
おめでとう!!


この2つのどちらかに行きたかったので
かなりいい結果なのですが
どっちに行くのか?がイマイチはっきりせず、
わーーーい!と手放しで喜べない状況。

そういえば留学決まった時にはこんなこともありました。↓(過去ブログ)
だれも喜んでない気がする・・・ (ファウンデーション合格から1年 201612)

ファウンデーションに決まった時も
イギリスの大学のオファーが出たときも
今回の大学院の結果も

なーんだかスッキリハッキリせず微妙

昨年の次女のオーストラリア留学のプロセスも経験して、
いつはっきり決まるのか、
よくわからないのが「海外留学」なーんて悟ってきました(笑)

合格発表の掲示板で番号を探して
「ヤッター!
みんな同じタイミングで3、2、1、ゼロ!って感じで結果がわかる
日本の方式とは違うんですよね。

とにかくスウェーデン大学院留学の入り口にたった娘。
高1のときから本当はいきなりスウェーデンに建築を学びに行きたかった娘。
言語の壁がありイギリスを経由したのですが
本当に最初の夢を実現しようとしている娘に感服のズボラ母なのでした。

どっちにいくのかな~~(笑)





yossy1421 at 17:41|PermalinkComments(0)

2019年11月11日

大学院アプライに向けて

前回高校の成績証明書を探していましたが、結局見つからず・・・

同じ高校に通う次女も留学のため英文成績証明書が必要で
そのついでに長女の件も問い合わせたら、
卒業後5年間は成績証明書を出していただけるそうなので

卒業証明書
成績証明書
いずれも英文で、あらためて発行してもらいました。

こういうものはちゃんと保管しておかないとダメですね~

でも高校側も早急に発行してくださいました。
ありがとうございます!

さらに英文の残高証明書も必要で
これはズボラでない父が銀行に依頼し、日本の自宅へ郵送で届きました。
なぜか宛名も英字で届く。

これであとは本人が志望動機のエッセイなどを書くのでしょうかね~

またまたズボラな母は頼まれたことしかできていないですが
これが就活だろうがなんだろうが
20歳も過ぎて、大人になって
それこそ本人の人生。


自分で稼げるようになるまでは
経済的援助と
日本でしかできない上記のような事務処理
はあるのでしょうが
今後のことは娘の報告を聞いて・・ということになりそうです。


ニューカッスルはもう
クリスマスのイルミネーションがスタート
冬のニューカッスルも見てみたい

大学の卒業セレモニーまでのカウントダウンをひそかに行い
夏にはニューカッスルへいくぞ!
ともくろんでいるズボラ母なのでした。






yossy1421 at 12:19|PermalinkComments(0)

2019年10月18日

高校の成績表!?

スウェーデンの大学院留学に向けて
申請を進めている娘。

なんと

日本の高校の成績表
ファウンデーションのときの成績表


も必要らしい。。。

留学エージェントに
「高校の英文成績証明書は多めに高校卒業時にもらっておくといいですよ!」
と聞いて5通くらいはもらっていたはずなのに
大学進学も終わったため、どこにあるのか見当たらない・・・

もう高校卒業して4年ですもんね・・・
(同級生で現役のコは大学4年生。娘は大学3年生がはじまったばかり)

同じ高校に通う次女も
オーストラリアの大学アプライのため、
ちょうど今、高3 1学期までの英文成績証明書を依頼しようとしていたところ。
一緒に頼むべきか・・・?!

高校の成績がいつまでもついてまわるなんて
どの程度評価の対象になるのかはわかりませんが
高校生のときには思ってもみないですよね。

もう少しうちの中を探してみよう‥と思うズボラ母なのでした





yossy1421 at 14:31|PermalinkComments(0)