就活/インターン

2021年08月08日

ママ、なんで教えてくれなかったの!?

「ママさーー  
 なんで中高生くらいのときに教えてくれなかったのよー

と何やら不服そうに言ってくる娘。

確かにズボラ母、
母らしいことずっとできてません
↓ココでも、しばらくダメ母だったことを自覚してない時期すらありました。
  過去ブログ:放任主義の効果!?~ホームシックにならない~

何をいまさら、
そんな母に対する不満をぶつけているのか!?

と思ったら
PDCAサイクルとかさー 
 中高生のときわかってたら、めっちゃ便利じゃん

とな!?

PDCAってアレですよね?
ビジネスで使う
PLAN(計画して)
DO(実行して)
CHECK(検証して)
ACT (改善する)

品質改善のためのサイクルですよね??

就活のためにいろんな本を読んでいる娘。
オンラインのセミナーや座談会を通して、
いろんな新しい知識を増やしているようなのです。。。

PDCAってどういうときに使うの?
突然聞いてきたので、
あーだこーだと説明したのですが
その後自分なりに腑に落ちた後に
「なんで教えてくれなかったの?」というセリフでした。

間があったので
何のこと言われているのかわからなかったよー

子供時代にやってあげられなかったことが多すぎて
心当たりがありすぎて
裁縫とか教えてあげられなかったこと?
ちゃんとしたマナーを身につけてあげられなかったこと?
部屋をどうやって片づけたりするかとか教えられなかったこと?

とめっちゃ頭のなかグルグルしました。

PDCAサイクルって中高生で知って活用するもの(笑)?
ズボラ母も会社に入ってから、
研修とかできいて
だんだんと実践するようになったこと。

まさかこのことで「母として」非難されるとは思っていませんでした

でも確かに中高生でも
勉強において、どうやって自分を分析して次につなげていくか?とか
スケジュール管理をどうするか?(試験期間?)とか
学校行事、部活に受験対策とたくさんあるタスクをどう並行管理していくの?とか
使えるところは多々あるのかもしれませんね。

ちょっと目からウロコ。

「家事とか教えなかったことを言われたのかと思ったよー」
といったところ
「そんなこと今さら期待するわけないでしょ!
と一蹴されました。。。

しかし就活で学んだ話を聞いていると
PDCAのようにこちらが説明できることもあれば
初耳みたいなキーワードもある。

今後は母として、親として
新たに教えてあげられることはますます減って
こちらが娘から学ぶことが増えるのかもしれないですね。

いや、もうすでにそうなってますね。

親を踏み台に飛び越えて
いろいろ教えてください~~

とお願いするズボラ母なのでした。

yossy1421 at 17:26|PermalinkComments(0)

2021年03月08日

就活のプロセスで「自分」を知る ~レジュメ作成・セミナー参加~

先日就活をはじめたことを書きました
 過去ブログ :就活とは自分と向き合うこと

CV(履歴書)も作り
「レジュメ(履歴書)見てくれる?」
と連絡がありました。

強み・弱みを書くのは昔と同じね、
うんうん。

しかし弱みを書きつつも
それをひっくり返して強みや長所に持っていくのが
就活のお決まりルール。

娘のはなんだか不要に苦手アピールもある(笑)
この書き方じゃダメでしょ、ってまず大人は引っかかる。

大人ってこうして汚れていくんですかね?
学生のときは、マニュアルなんかに汚れず
ピュアなところが一番いいところなのに。

やっぱり人生の先輩、ズボラでない父もそこにひっかかり
赤入れでは苦手アピール部分を全削除!

 例のグループワークが苦手、、とかそういった話です。

その他色々大人が赤入れしちゃうと
どうにもこうにもできあがりに「若さ」がなくなってしまい
我ながら驚く始末

ズボラでない父に
「ヤングな感じを足してねー
と最後の最後に、
昭和なコメント(ヤングって!!)で〆られ、
娘も困ったかもですが、
なんとかオンライン上でCVはリリースしたようです。

しかし、
理系かつ大学院いって、留学経験があるって
履歴書にもたくさん書くことがあっていいですねー
デジタルスキルなんかもたくさん書くことがあって羨ましい。

文系女子のズボラ母は
「普通自動車免許」すら貴重な資格でした


そしてつい先日もオンラインセミナーに参加。

ガッツリ興味のある、
建築・都市計画(〇〇地所とか〇〇不動産とか)は
今回参加がなかったので、
「あんまり興味はないけど、経験のためにも参加してみるわー」
って感じでした。

今回は
小売・製造(アパレル)、コンサル、サービス業の3社。

セミナーが終わるや否や電話してきた娘。

うち1社がとてもよかった!とのこと。

他の2社も含め、
 一般的な会社機能がどうなってるのか?とか
 人事担当者が行うプレゼンって大事ね、とか
 自分がやりたいことが、
   思ってもみなかったいろんな業種にもつながりそう、とか

いろんなことがわかって、とても有意義だったとか。

確かに、一般消費者でも知っている会社って
有名な商品や一番メジャーなサービスのイメージがついちゃっているのですが
実際には他の事業や、いろんな取り組みをしている会社が多いもの。

一般消費者に直接関係のない、B to Bの会社なんかも
学生にはあまりなじみがないですが
セミナーに参加することで理解が深まったようです。

オンラインセミナーでは、チャットで質問することもできました。

このセミナーの主催者側には
企業によってはカメラオンにするよう指示されるケースもあるため、
清潔感のある服装で参加するよう言われていました。
実際にはカメラオンを指示する会社は今回無かったようです。

セミナーに参加したおかげで、この3社以外も
違った視点で見たり、調べたりできそうだと言っていました。

何より
これまでの建築・都市計画の勉強や、留学・大学(院)経験から
 自分がやりたいこと
 自分が興味のあること
 またそれが仕事にどう結びつくのか?

がクリアになってきた
ことが一番の収獲だったもよう。

就職も「ご縁」なので
今後どんなふうに展開していくのか未知数ですが
陰ながらヤング」な娘を応援する
ズボラでない父とズボラ母
なのでした。






yossy1421 at 09:54|PermalinkComments(0)

2021年02月01日

就活とは自分と向き合うこと

以前にボストンキャリアフォーラムのことを書きました。
過去ブログ:オンライン就活
     直したいのは日本 ~ボスキャリにも参加~

大学院1年生の娘、
就活をスタートしております。

今のところは日本企業への就職を目指しているのかな?

海外で就職したいと思ったり
最初は日本で就職したほうがいいかなと思ったり
心は揺れますが
活動はスタートしなくてはならない。

ボストンキャリアフォーラムを主催する
CFN(キャリアフォーラムネット)
 の説明会に参加したよー」

と聞きました。

CFN(キャリアフォーラムネット)ウェブサイトはココ

 企業情報のリリース時期や
 就活のステップ
 フォーラムのスケジュール

などを聞いたようです。

自己PR文や、CV(履歴書)の作成もスタート。
そのためにいろんなウェブサイト、YouTube動画などを参考に
自己分析もやってみたらしい。
自己理解のステップ、的な!?

そのおかげで
 自分の価値観を明文化することができ
 自分のことを多少なりとも理解することができた

と言ってました。

苦手なグループワークでも
自分の立ち位置がわかると
取り組みやすくなったとか。

自分のことを知るって大事ですね

ズボラ母もそうでしたが
就活では、自分の強みや弱みを言葉で表現しなければならず
自分と向き合う必要があります。

ズボラ母にとっては時に辛い作業ではありましたが
娘は意外と前向きだな(笑)

建築や都市計画といった専門性があるだけに
企業に沿った自己PRを作るのは
なんだか違和感があるようですが

そのまんまで就活に向き合ったらいいよーー

とズボラでない父とエールを送ったのでした。

コロナで
就活の方法もずいぶん様変わりしていますが
今は
オンライン・インターン
ってのがあるんですね。

どうやってやるんだろう・・・・

また体験したときには、教えていただこう~
オンライン・インターンを妄想するズボラ母なのでした。





yossy1421 at 14:19|PermalinkComments(0)

2020年11月27日

オンライン就活

大学院1年生になったばかりのような気がしていましたが、
コロナと戦っていたら、早1年が終わりそうですね

大学院も2年間なのであっというま
気になるのは就活です。

先日ボスキャリにオンラインで参加したことを書きました。
 過去ブログ:直したいのは日本 ~ボスキャリにも参加~

ボスキャリこと
ボストンキャリアフォーラム
海外留学中の日本人学生を対象にした合同選考会。

アメリカのボストンからはじまったため、
ボストンと名前についていますが、
例年はヨーロッパならばロンドンで開かれ、他の世界各地でも開催されています。

いつもなら対面で行い、
この場で就職が決まる人もいるそうですが、
このコロナ禍で、オンラインでの開催です。

それでも、たとえヨーロッパにいても
大学生のときのイギリス・ニューカッスルにいたとしても
ロンドンまでいくのはちょっと大変。。。
日本でも、西日本に住んでいるのに東京までいかないといけないみたいな!?

オンライン開催となったおかげで
参加したいセミナーに、効率的に参加ができたようです
(時差によっては眠い目をこすりながら・・となりましたが

都市計画を学んでいるため
三井不動産や三菱地所の内容はとても興味深かったようです。
各社の取り組むターゲットの違い、理念の違いなどもよくわかったようす

娘の専攻分野とは関係ありませんが
知名度の高い企業では、
リクルートやファーストリテイリング(ユニクロ)なども参加。
その他コンサル、証券会社、
ベンチャー企業も多数参加し、
ウェブサイトによると、178社が参加ということでした。

今までは逆にこれほどのオンライン開催がなかったようなので
各国の留学生はこれはこれで助かったのではないでしょうか?
今後のニューノーマルになっていきそうですね。
実際に現地に足を運ぶとなると、旅費も大変です!

娘もボスキャリを通して
就職についてちょっと具体化してきた模様。

ただ、先日のブログでは、まずは日本で就職・・と考えていた娘ですが
翌週になったら
「やっぱりスウェーデンで働いてみたい!」
と思ったり
いやいややっぱり厳しいよな・・ってなったり
いろいろ心は揺れ動くらしいです。

自分が入社したいと思っても
相手のあることだし、
縁もある。
このコロナ禍では「タイミング」もどうなるのか・・
卒業時点になってみないとわからないことも多そうです。

ただ
情報を入れれば入れるほど
今やってることと、
将来やりたいことは合致しているようで

その点が何よりうらやましいなーと思うズボラ母なのでした





yossy1421 at 12:08|PermalinkComments(0)

2019年09月16日

インターンシップでの学び

県外(but日本)でのインターンシップをなんとか最後までやりとげ、
地元に帰ってきました。

悩むことも多かったこの期間ですが・・・

実質2か月という長めのチャンスを与えていただいたので
数日や1週間以内のものとは違って
ボス・上司との関係
それにかかわるスタッフとの関係
職場でのコミュニケーション
自分の仕事タイムマネジメント
優先順位のつけかた

などなど
「建築」以外のこともたくさん考え、学ぶ機会になったと思います。

仕事内容のことはよくわからないズボラ母ですが
インターンでやれる仕事って
やっぱり模型をつくったり、図面をひいたり、
細かく時間のかかる作業
が多い

一見「作業」とにみえる仕事を
どう扱うのか、
自分なりにどう1日単位に区切っていくのか。

それは今の働くズボラ母だって考えるようなこと。
本当に「働く」ってことを学んだんだなーという
感慨深い気持ちにもなりました。

ズボラ母の時代には就活でこんな経験なかったけど
「働く」ってことが具体化して、
今後の道選びに役立つ!
とうらやましい気持ちにもなりました。

チャンスを与えてくださったすべての方にお礼を言いたいズボラ母なのでした。



yossy1421 at 07:05|PermalinkComments(0)