住まい/寮

2020年09月03日

ベッドに寝られない・・・

憧れのスウェーデン生活で
「なにもかもが可愛い!
と浮かれていた娘ですが
寮生活での困りごとのもう1つがベッド。

大学寮に着いてすぐ、
部屋の様子も見せてくれたのですが
ベッドのマットレスはイギリスのサイズよりも一回り大きく
シーツのサイズが合わなくて、端っこが浮いちゃうんだよね~~
でもゆったりーーなんて話をしてました。

が、そのうち
「ベッドに寝られない・・
という連絡が。

なんとダニに刺されてそれから怖くてベッドに寝られないんだとか。

そこから大学寮に連絡をとりつつ
椅子で寝る日々。。。

コロナのこともあるし
引越しして環境も変わったばかりだし
睡眠不足で体調崩されても困る!

とはいえ何もできないズボラ母。

日本ではよく売っているダニ駆除の殺虫剤やスプレーなども
すぐにはみあたらないらしい。

そもそも寮なのでベッドは使いまわしなのですが
マットレスおよびフレームも布製だから、ダニの温床になっている模様。
住人や大学寮の住人入れ替わり時の清掃度合いもあやしい。

大学寮側がダニ駆除にきてくれることになったので
その後はなるべく共用スペース(リビング)で過ごし
オンラインレクチャーも自室ではなくそこで受けていた模様。

二晩ほど我慢して
ついにきたダニ駆除の人!
薬をまいて、5時間は部屋に入れない・・・
という話まで聞いていたのですが・・

「結局ダニ駆除してもらえなかったーー

えー!?なぜなぜ?

答えは
「ダニがいる証拠がないから、だって」

えーーー!
刺されているのに!?
それも伝えたらしいのですが、
ダニなら胸や腕の辺りだけだから、背中や足にも刺されているのは違うとか
日本の感覚でいうと意味不明な説明・・

どうやら道具も何も持ってきてなくて、
最初から仕事する気がなさそうなお方だったらしい。

寝不足で娘もグッタリ。

ダニ駆除してもらえないなら
マットレスも汚いそうなので、
備品交換をしてもらえないか聞いてみては?と提案。

もう1回連絡をしてみた娘。
しばらくして・・

「マットレス取り替えてもらった!!

これでなんとか安眠できそうです

あれから掃除機も買い、
取替できないフレーム部分もしっかり掃除機をかけたのでした。

やっと椅子ではなく横になって寝られることに安堵して、
こっちもゆっくり眠れそうな気分のズボラ母なのでした

ダニーさんとの戦い、おつかれさま!




yossy1421 at 09:22|PermalinkComments(0)

2020年08月26日

引越し荷物届いてないよー ~I missed you...~

イギリス・ニューカッスルから
スウェーデン・ルンドへの引越しについてはいくつか書きました。

 過去ブログ
 引越し荷物集荷完了~
 イギリス→スウェーデンへのお引っ越し


ヤマトさんや日通さんの見積は高く・・(品質は間違いないのだろうけど)
学生向けサービスのmybaggageは送れないものもあるし、イレギュラー時が心配・・
ということで
リーズナブルだけど日系企業で問い合わせ対応も素早い
コヤナギワールドワイドさんにお願いをしました。

先のブログのとおり、
集荷は予定どおり、スムーズでした。

3-4日でルンドへ到着予定です。

実際にそれくらいで最寄りまでは届いたのですが
大学の予定などもあり
配送可能となった日の2日後くらいを指定して、配送をお願いしました。

その当日は時間指定がなく
いつくるかわからないので朝から娘は寮でスタンバイ。

暇なので大学院の書類などをチェックしつつ
ズボラ母とLINE電話

その最中にもDHL(結局現地ではDHLが配達)から
今日のどこかで配送しますよ~~メールが着信。

「何時にくるのか教えてくれよーー」
なーんてボヤきながらしばらく話していました。

するとまたもやDHLからメールで
I missed you...(ホニャララ・・・)
とな!?
「伺いましたがお会いできず残念でした・・・」的な!?

ずっと寮にいたけど??
待ってたけど???
電話鳴ってないけど?????

なんと電話がつながらなかったようす。

 試しに電話を他の人から鳴らしてもらうとちゃんとかかる。

 もちろん引っ越し業者に伝えていた電話番号は
   集荷時にもかかってきているから正しい。

 まだイギリス国番号でかけなければいけないので、
   その点はもちろん伝えてあるがドライバーが誤った!?

まーーいろんなことあるよね~~

しかし当日中に再配達とはならず
週末をはさみ、月曜日配達(予定のさらに3日後)となってしまいました

「もうー!1日無駄にしたよ!!
・・と憤慨してましたが
怒ってもしょうがないし、食料もないので
買い物にその後でかけてました(笑)

再配達の月曜日は、
DHLの黄色いトラックを目にするなり(娘が住んでるのは5階・・)
電話がくるより先にトラックに駆け寄ったそうです

無事に引越し完了です!

その日はもう1件同じ寮に引っ越し荷物の配達があったらしく
最初の配達日も何件かあって
まぎれて連絡がこなかった可能性も・・・!?

とにかく毎日いろんなことがあるけど
あまり役に立たず
ただブログネタにするだけどズボラ母
なのでした

備忘録としてお役に立てますように!

yossy1421 at 11:24|PermalinkComments(0)

2020年08月25日

スウェーデンでは寮生活

無事スウェーデン・ルンドに到着した娘

ここでも書きましたが、
大学院は寮生活からのスタートです。
 過去ブログ 寮が決まりました!@スウェーデン

コペンハーゲンの空港を経由し、
ルンド駅@スウェーデンに着いたら
送迎バスで自動的にルンド大学に到着。
流れに身を任せたそうです(笑)

そこでチェックインをするのですが
寮の案内もここでされて
寮へも身を任せていたら到着したそうです。

とにかく何もかもが可愛い!!
とスウェーデンに着いてごきげんな娘

寮生にアジア人もいたらいいな~~と思っていたところ
同じフロア(コリド―タイプなのでリビング・キッチンを共有)には
中国人が2人いたそうです!
これは気持ち的にも安心した様子。

うち1人はココに住んで2年目なので、
ランドリーの使い方とか教えてもらった様子。
あとはフランス人が1人。

長女も次女も身近には日本人がいない生活で
友達といえば中国人。
ちょっと感覚がマヒしているのかも!?

これからのグローバル社会、
人類みな兄弟ですね!

共用スペースには
IKEAの食器なども配備されていて
同じフロアの住人も清潔に使っているそうなので
本人も一安心。

引越し荷物はまだ届いていないのですが、
快適に暮らしているようです。

その後
 引越し荷物と
 個室のベッド

には問題発生!なのですが
これはまた書きます。

スウェーデンに着いたとたん
ブログネタ満載で書くのが追い付かないズボラ母なのでした(嬉しい悲鳴)。




yossy1421 at 17:07|PermalinkComments(0)

2020年08月18日

引っ越し荷物集荷完了~

ニューカッスル(イギリス)から
ルンド(スウェーデン)への引っ越し
についてはココで書きました。
 過去ブログ イギリス→スウェーデンへのお引っ越し

このときには
日通やヤマトの見積が50万円くらい!?となり
mybaggage
という安い学生向けの引っ越しサービスを検討していました。

が、色々調べていると送れないものなど
安いけれどもハードルもあり
再度調査したところ
コヤナギワールドワイド
という引っ越し業者を見つけ、ここで見積をとりました。

 ウェブサイトはココ:海外引越しのコヤナギワールドワイド

イギリスで最初の日系引越業者なんだそうです。
メールのやりとりも日本人スタッフとなので、日本語でできます。
コロナ対策もちゃんとしてそう!

結局
 スーツケース3つ
 段ボール3つ
 ウクレレ 1

でお見積り。

配送は学生寮の入り口まで。
そこからは(たぶん5階らしい??)部屋まで自分で荷物を運ぶそうです。

何度かやりとりをして最終見積は
1000ポンドちょい。
(14万円くらい)

こちらで正式にお願いしました!

コロナの影響で前後の可能性もありますが
3-4日で到着予定。
娘本人がルンド入りするタイミングとうまくあえばいいのですが・・

今回の引っ越しに関しても
何から何まで娘まかせで、
いつもの通りただ無事を祈るのみのズボラ母
なのでした。


yossy1421 at 18:55|PermalinkComments(0)

2020年07月07日

イギリス→スウェーデンへのお引越し

イギリスも若干、
COVID-19新規感染者数が落ち着いてきて
7/4(土)からはパブなどもオープンしたようです。

いつかニューカッスルに再訪し
安全にパブで乾杯したい!と願うズボラ母です。

そんなコロナ禍に
娘はイギリスからスウェーデンに引越をせねばなりません
8月にはお引越しです。

引越もすっかり娘まかせですが、見積をはじめているようです。

荷物は
スーツケース3つ
段ボール2つ
ウクレレ
平行定規
IKEAの椅子

らしい。

「IKEAの椅子ってなんだ!?
ズボラでない父がツッコんでました(笑)

どうやらお気に入りの椅子らしい

見積依頼はいくつかメールでやってみたそうですが
返事すらこないらしい。

このコロナ期ではなかなか難しいのでしょうか・・・?

唯一返事がきた日通さんは最低でも50万円とか!?
その後届いたヤマトさんも同じくらいらしい

結局現在はmybaggageというサービスを検討していて
(イギリス→スウェーデンで、20kgまでが一律34ポンドだそう)
このコロナ期でも通常どおり動いているのか?など確認中です。

mybaggage.com

とりあえずいったんは寮生活となるので
物は減らさなくてはいけない様子。

彼がまだもう1年はニューカッスルにとどまるので
すぐに処分!人に譲らなきゃ!という焦りはなく、
その点はまだ安心かも。。。

1人で元の家を引き払って、
それと同時に新居へ引っ越し・・というのは
タイミングをはかるのも、どこの場所でもなかなか難しいですよね。

リュックしょって、
スーツケースを2個両手で転がしながら
イギリスへ旅立った娘
を思い出します。
(大学1年目、オックスフォードからニューカッスルへの引越)

あの姿は本当にたくましかった!
2017/9月 再びUKへ ~大学生活のはじまり~

そして、この引越の娘のブログを読むとズボラ母は涙ぐみます
もんさんイギリス大学留学日記 留学2年目の始まりはかなり過酷

またまた新たな旅立ちの準備をする娘
ただただ応援するだけのズボラ母なのでした
引き続きのズボラ道です。



yossy1421 at 12:29|PermalinkComments(0)