授業/成績

2020年12月16日

今年最後のプレゼン

今年最後のプレゼンに取り組んでいた娘。

スウェーデンの
実際にある工業エリアの都市デザインをする
という課題です。

これまでは人の流れがなかったエリアに
どうやって人の流れをつくるか
どんな魅力的なスポットをつくるか

などを具体的につめていきます。

12月はじめはこのプレゼン資料作りでお疲れのようでした。
コロナ禍で材料を買い込み、
模型も寮のお部屋でせっせと作っていました。
(もう手伝ってくれる彼もそばにはいない・・)

プレゼン前に内容を見てほしい、といわれ
LINEビデオでズボラ母も見させてもらうことに。

プレゼン持ち時間は7分と聞いていたのに
資料はなんと56ページ!?

確かに都市計画とか建築では
絵の部分が多いし、
増えるのはいたしかたないけど、これを7分に!?

このエリアには大学があって、
大学生もメインターゲットの1つですが
そこに住む高齢者や、
小さな子供をもつ家族
新たに取り込みたい層としてクリエイターやアーティスト、などなど
いろんな視点を盛り込んで、ちょっとお腹いっぱい気味。

大学生とか、
どこかにフォーカスして説明したらいいんじゃないかな~~?
とど素人ながら、ズボラ母も偉そうにアドバイス(笑)

その後更新を重ねたらしく、
プレゼン後には
「おかげさまでいいプレゼンになったと思う!
と連絡が。

「プレゼンするごと、
 毎回自信が増す!
とも。
あんなにプレゼンを嫌がっていた娘からこんな言葉が出るとは
感無量ですね

 過去ブログ #プレゼン

今回は、
 いつも指導をしてくれる先生やチューター(計3名)のほか
 建築事務所の方 2名
  (アムステルダム・ストックホルムから遠隔参加)
 該当のエリアの市役所の都市計画担当者 1名
 ルンド大学 建築学部のリーダー 1名
が講評をくださり、質疑応答も受けるとのこと。

なんだか本当の本格的なプレゼンじゃん!

市役所の方が来ているのはビックリですね。
架空のエリアではなく、実際にあるエリアなので
何かエッセンスだけでも採用されちゃったりなんてこともある!?

実際、いくらか講評をいただいて
市役所の方には
「なぜ人々がここにやってきたいのか、をもっと盛り込むといい」
といったコメントをいただいたそうです。

全27名のプレゼンを2日間かけて聴いてくださったとのこと。
ありがたい限りですね。

修正がまた必要なので、
今回は7分になったバージョンのプレゼンも
後日聞かせてもらいました。


英語です!!(もちろん)
細かいところはズボラ母も理解できてないと思いますが
(英語の問題や専門知識の問題で・・)
台本があるとはいえ流暢な英語に、ちょっぴり感動~

冒頭数分をビデオにとって、ズボラでない父にも見せました

確かにカットしたページが多いのは
本人としてはもったいない気がしたようですが
プレゼンしたい内容がクリアになって、
伝えたいことが伝えられるプレゼンになったのではないかと思います。

しかし建築・都市計画とかって
プレゼン資料作るだけでも作業量がすごい!

本当に心からお疲れ様!!
と言いたいズボラ母なのでした





yossy1421 at 15:06|PermalinkComments(0)

2020年07月20日

最終成績がでました! ~2:1って何?~

オンラインで卒業課題、プレゼンなどすべて終えた娘。
あとは最終成績を待つばかり・・・

日本の早朝に電話がありました。(むこうは夜)

「最終成績でたよ~~!
とうれしそうな声。
顔もニコニコだし、よい成績ということは一目瞭然。

ただし
これまでも学年途中の成績でも聞いていた
「あっぱーせかんど」
という成績。

正直ズボラ母はどういう意味かわかっていませんでした(笑)

実は少し前に、娘の彼氏のほうが成績がでて
「2:1の 65でした」
と報告があったのですが
「どーゆー意味?良い結果?」
とズボラ母は聞いてしまいました。。。

「お母さんならわかってくれると思っていたのに
・・と同じく理解できていない中国のお父さんにも
イギリスの成績システムについて、
熱くレクチャーしたばかりの彼はガッカリ(笑)

・・・今こそ彼のお父さんと成績結果の喜びをわかちあいたいゾ(笑)・・・


イギリスの大学では、成績の付け方は以下のようになっているそうです。

学部課程(Undergraduate)の成績 
↓上から以下5段階

First Class(1st)               :70%以上
Upper-second Class(2:1)  :69-60%
Lower-second Class(2:2)  :59-50%
Third Class(3rd)                    :40-49%
Fail

つまり娘も彼氏もUpper-secondがとれていて
もっともっと
激しく喜ばなければならなかったのです。

バカ、バカ、ズボラ母!

大学院進学や就職においても
2:1以上あるかどうかは運命の分かれ目らしいのです。

また、学士号の学位には
BA(文系)BSc(理系)BEd(教育学)など異なる名称がつくうえ、
Ordinary(普通)かHonours(優等)の2種類があるそうです。

娘はめでたくHonoursで卒業できるそうです!!

すごい!おめでとう!

どうやら
建築学部の展示会
卒業セレモニー
いったんオンライン
となるようですが
無事好成績で卒業できる娘を誇りに思います。

大学院はまた成績の付け方が異なるようで、
(かつスウェーデンはどうなるんだ!?)
日々勉強のズボラ母なのでした。

リアル卒業式はいつの日か行われるそうなので
ズボラ母のことも待ってろよーー!ニューカッスル大学!!

Newcastle Univ




yossy1421 at 13:56|PermalinkComments(0)

2018年03月21日

プレゼン終了

前回個人ワークの話を書きました。

試行錯誤を重ねて、そのワークのプレゼンの日を迎えたようです。
最後のできあがりを見たら、立派なショッピングモールにできあがっていました

プレゼンが終われば休暇が待っているというのに

夏はプレゼン特訓する!

イースター休暇はエッセイに特化してがんばる!

全然休んでる暇はない!

負けたくない!

とかなりアグレッシブモード(笑)

これだけ打ち込めるのは本当にありがたいことですね。
うらやましいです。

プレゼンの前夜は、もうあきらめようかと思ったけど
夜中1時まで頑張って仕上げたそうです

行ってみると個人ワークだと頑張ったかどうかの差は作品をみると明らかだし
評価はどうなのかわかりませんが
本人の達成感はあったようです。

ズボラ母も一度フラットと、大学には行ったので
あの道を模型を抱えて(もしかしたら雪の中)行ったんだなーとちょっと
じーんとしました

それでもまだ通過点なのですよね、1年生だしはじまったばかり。

気が張っていると身体のことを忘れがちなので
そうはいってもイースター休暇は少しはのんびりリラックスしてほしいな~
と思うズボラ母なのでした。

プレゼンお疲れ様!


yossy1421 at 09:51|PermalinkComments(0)

2018年02月26日

個人ワークはワクワク

大学の授業のグループワークでストレスを感じていた娘

そのプレゼンも無事終わったことを先日書きましたが、
今度は個人の評価対象となる、個人ワークにうつったのだそうです。

そうなるとマイペースで作業を進められるせいか
俄然元気がでている娘(笑)

一人でもくもく作業が好きなようです。
そもそも建築の授業で作る模型などには夢中な娘。
LINEビデオでも、今作っている作品を見せてくれました。

ダンボール素材のような土台に、
キューブ型を組み合わせたいろんな形のブロックがたくさん。

これを実際に
あーでもない、こーでもないと積み上げてデザインを決めていくようです。
この土台もブロックももちろん手作りです。

今回はショッピングモールのデザインがテーマなのだそうです。(面白そう)

「個人ワークになったとたん、
 まだ数日しかたってないのにこんなに進めちゃった(笑)」

と娘。

”あーでもないこーでもない”の検討作業も、ワクワク作業のようで
うれし気にスケッチブックを見せてくれました。

いろんな国のショッピングモールの建物を調べて眺めるのも楽しい作業のようです。


お菓子の空き箱で工作していた小学生の頃と、
なんらベースは変わってない
気もします

中学のテニス部やクラス委員、高校でのダンス部、などなど
いつも持ち前のリーダーシップを発揮しながらも
強い責任感と真面目さのせいもあり、
グループでのコミュニケーションには苦労してきた娘

それでもその経験が生きて今の大学生活があり
また社会生活へ向かっていけるのでしょうね。
やっぱり人は一人では生きていけません。
組織の中でしか達成できないこともあります。


建築だけでなく
いろんな面で社会にはばたく準備をしているのですね。

それでも、勉強でワクワク、本当にうらやましい。
その「ワクワク」は忘れないでとことんつきつめてほしいな~と思うズボラ母なのでした。





yossy1421 at 10:00|PermalinkComments(0)

2018年02月18日

眠れない・・・ ~グループワーク~

やることがたくさんありすぎて眠れない・・と娘。


課題もたくさんあるし
モデル(模型)も作らなければならないし
プレゼンの準備もしなければならないし


確かに忙しそうやることいっぱい

大人でもそうですよね。
仕事や家事に追われ、一度には1つのことしかできないのに、
「やらなきゃいけないこと」
が頭でぐるぐるして、今やっていることにも集中できないし、頭から離れない。
落ち着いて眠ることもできなくて、頭が働かなくて、悪循環。

明日やったらいいことは明日でいいんだよ

・・といってみたけど娘のグチめいた話を聞いてみると。。。

大学では建築学部はレクチャーは全体のごく一部で、
多くはグループワークとなり、5人1グループくらいで取り組むのだそうです。

が、

5人のうち3人が授業にこない・・
2人で準備を進めなければならず、そりゃーやること多くなるよ。

そのうえその3人はプレゼン間近になったら登場して
今まで参加しなかったのに、できあがりつつある内容にケチをつける
数日前のスタートだからもちろんプレゼンにいろいろまにあわない・・・

ズボラ母:「やることが多いからじゃなくて、対人ストレスじゃない?」

娘:「あ、そうかも」


やることが多くてもがんばる娘ですが、
自分がやることについて腑に落ちていなかったのでしょうね

そういうことあります、あります!

大学っていろんな学びの場なんですね

とにかくプレゼンが終わってスッキリしたようすで一安心

それでもプレゼンの評価が5人ひとくくりだとヤだな~と内心思っていたら
準備に使った個々のスケッチブックを先生に提出するのだそうです。

それをみたら
デザインに使った紙の枚数とか、
スケッチブックのくたくた感とか、

一目瞭然なんだそうです。

プレゼンについて質問を受けたときも、ちゃんと準備をしていた2人しか回答できないし(笑)
先生しっかり見てほしい!と願うズボラ母なのでした。






yossy1421 at 13:00|PermalinkComments(0)