留学準備

2016年12月13日

ファウンデーション合格から1年

ファウンデーションコースに入るのは「合格」というのとはちょっと違うかも!?

とにかく1年前の12月、ファウンデーションのコース(スクール)からのCAS(入学許可書)が発行されました。

留学エージェントからのメールで知り、ちょうど娘とも一緒に乗っている車のなかでそのメールを受け取ったので、合格を喜びました

ささやかながらサイゼリヤでお祝いしたのを思い出しました(笑)


日本の大学の合格発表のように、掲示板を見て「あった!あったー!みたいな儀式もなく、高校ではまだまだ受験モードでだれとでも進路決定を喜べるわけではない。。。

ましてやよくよく考えると大学進学はファウンデーションのその先で入口に立っただけ。

ズボラ母も
CASが12月にきたということは、
翌年9月の渡英までの長い期間、
 ダラダラせず(4月からは学校もない!)英語もブラッシュアップしていかないといけないよな、
 気を緩めてはいけないよな、
という思いばかりが先にたって、あまり「ヤッター!」モードを味合わせてあげることができませんでした。

しかし、娘にとってはずーーっとがんばってきた結果

その数日後に
だれも喜んでない気がする・・と泣き崩れたことがありました。

こればかりはごめんね・・と抱きしめました。

留学へのステップは、娘も、学校の先生も、ズボラ母も父もはじめて。

でも高校3年間ブレずに目指してきた道への第一歩を踏み出したこと、心から喜んでいました。
うまく表現できませんでしたが・・・


あれからもう1年がたったなんて!
次は大学からの入学許可書をもらうべく、その道の続きを娘は歩き続けています。


yossy1421 at 22:21|PermalinkComments(0)

2016年11月27日

ヒートテックは必需品

イギリスの冬は寒いみたいです。

去年の冬、留学エージェントの担当の方に
「この冬にヒートテック買っておいた方がいいですよ!
と教えていただきました。

イギリスへの出発は9月上旬のため、そのときに準備しようと思っても手に入らなかったりするようです。

おかげさまで日本でヒートテックを着始めるころよりもかなり早くから、オックスフォードでは活躍していました。

それでも先週からの日本でのユニクロのセール。

娘からも
ウルトラライトダウン極暖がほしい~~
ということで、この冬も追加購入して送ることにしました。

何かの記事でユニクログッズは日本ギフトになると聞いたので、
ホストマザーにはUniqlo Uの手袋、
ホストブラザーにはヒートテックのネックウォーマー
も買いました。

ロンドンにはユニクロありますが、どれくらいイギリスでは浸透しているのでしょうね~?

また娘に聞いてみたいと思います


yossy1421 at 23:14|PermalinkComments(0)

2016年11月05日

日本の大学受験との両立

両立
とタイトルには書きましたが、娘はセンター試験は受けましたが、2次試験はどこも受けませんでした。

出願前にファウンデーションの入学許可書(CAS)をゲットすることができたためです

高1から
日本の大学と
海外留学と

両方考えていこう、というのが我が家の考え方。

「海外留学ありき」なのではなく、
やりたいことを実現できるのは、どのプロセスをたどるのがいいのか?と、考えられるすべての選択肢を検討してから決定するという考え方です。

娘は長女、第一子ですし、親も子供も何もかもはじめての経験 

両方の選択肢について先生留学エージェントから情報を得ながら、冷静に判断をしていったつもりです。

とはいえ娘は
「海外にいきたーーーい!!」
という気持ちも大きかったと思います。

実際行ってみて思いますが、そういう強い気持ちもないと留学生活も送れないですよね。
不便なこといっぱいです

1年前の今頃(高3・11月)は
まわりの友達もすっかり受験モード
連続してやってくる数々の模擬試験
そしてIELTS受検!!

高校の普通の勉強をしながらも、IELTSの必要なスコアがこの時期はまだとれていなかったので、とっても勉強では苦しんだ時期だと思います。

でもこれだけやったから、
これからの人生においてもまだまだ頑張れる!
のだと思います。

当時はファウンデーションに入るための200ワードのエッセイに苦しんでいた娘ですが、今日届いたLINEでは2500ワードの宿題が、まだ半分しかかけてない・・と苦しんでました

ファウンデーションの身なので、今ももちろん受験生

とはいえ、実際にイギリスに身をおいての「苦しさ」はなんだかステップアップした「苦しさ」だなーーと少しうらやましくも思ったりするズボラ母なのでした。


yossy1421 at 20:54|PermalinkComments(0)

2016年11月03日

出発直前のホームステイ先変更

ホームステイ先確定1週間前とは聞いていましたが・・・

CAS(入学許可証)をもらった時点で、すでにホームステイ先は仮決まりしており、住所も知らされていました。

Googleマップで、
ホームステイ先から学校までの道のりはどんなかなー?
時間もどれくらいかかるかなー?

と調べてました。

しかし!

本当に1週間前くらいになってホームステイ先変更の知らせがありました。

こういうのは本当に仮決めなのですかね・・・
詳しい情報がわかったのは出発数日前の最終ガイダンスの時でした。

最初に決まっていた方は、料理やガーデニングが趣味のおばあちゃん一人暮らし。
(ちょうど娘のおばあちゃんと同い年くらい)

新たなホームステイ先はズボラ母より少し若いホストマザーとホストブラザーの二人暮らし。

確定は1週間前とは聞いていたので、それほど娘ともども動揺はしませんでしたが、新たなホームステイ先は
息子さん(しかも娘と1つ違い)がいるのね!
ワンちゃんもいるのね!

とか心構えが再度最初から(笑)


娘はさすがズボラ母の子、それほどホストファミリーへのこだわりはないのですぐ切り替えて、今度はストリートビューで家から学校までの道のりをチェック

最初のおうちよりも学校への距離は近くなってました ヤッター

実際着いてみると歩いてたったの8分!

自転車が必要かな・・とか考えていたのに、毎日徒歩通学で大丈夫みたいです

ワンコはむやみに吠えてるらしいですが(笑)ホストファミリーとは仲良くやっているようです。

宿題も大変みたいで、ごはんの時以外はそれほどコミュニケーションする間もないようなのですが、生活面ではいろいろと助けていただいている模様。

親元離れてはじめて暮らしているのだから、本当にホストファミリーは感謝しきりのズボラ母なのでした。






yossy1421 at 21:24|PermalinkComments(0)

2016年10月30日

英会話の先生たち

小学生から大手の児童向け英会話スクールに通っていた娘。

通いだした当初は
「いまどきは早めに英語学習はやっておいたほうがいい」
くらいの漠然とした目的だったと思います。

中学入学を機に、大手のスクールをやめ、ズボラ母が仕事を通じて知り合ったアメリカ人の
A先生(女性)
に英会話レッスンをお願いすることになりました。

ここで中学3年間+高校1年までA先生にお世話になり、娘の英会話のベースができたように思います。

残念ながらA先生が拠点をしばらくアメリカにうつすことになり、その後引き継いでくれたのが
J先生(男性)
オーストラリア人です。

ズボラ母とはビア友(ふたりともビール好き)で、レッスンの最後にはビールの話ばかりして、娘にいつも怒られる大人ふたり(笑)

J先生にはIELTS指導経験もあり、スピーキング、ライティングの力をつけてもらい、最初のIELTSでは思ったよりも高いスコアをとることができました。

J先生もそのIELTSのあと、お仕事の都合で継続することができなくなり、次にお願いしたのがニュージーランド人の
G先生(男性)。

大学でも教えている先生で、短い期間ながら今のファウンデーションに、期限までに必要なバンドスコアをとるために尽力してくださいました。

ファウンデーションの入学許可書をGETしたのち、入学までの数か月間も英語をブラッシュアップしたい、また大学に入ってからも必要なライティングの力も身につけておきたいということでお願いしたのが
M先生(男性)(アメリカ人)。

M先生は私の英会話の先生でもあり、AmazonUKの炊飯器のくだりでもでてきた先生です。

思えばいろんな先生にお世話になり、支えられてここまできました。

何より外国人と話すことは、つたない英語ながらほとんど抵抗のない状態にいつのまにかなっていたようです。(本人談)

イギリス人の先生はいなかったのですが、いろんな国のアクセントや表現にも触れられたことは、きっと役に立っているはずです。

それぞれの先生に教わったこと、
何が効いたか
などはまた書きたいと思います。

A先生J先生G先生M先生、ありがとうございました!
今後も娘を見守ってやってください!!


yossy1421 at 21:48|PermalinkComments(0)