留学中

2021年09月11日

【スピンオフ・長男編】ニューカッスル→ロンドンへ引っ越しました。

時々登場の娘の彼氏シリーズ、
スピンオフ・長男編です

 前回の長男編はコチラ:イギリスでのCOVID-19セルフテスト 

娘がイギリスからスウェーデンへ昨年夏引っ越した後
イギリス・ニューカッスルに残り大学生活を過ごしていた彼。

以前は娘と二人で暮らしていましたが、
お部屋は引っ越し、一人暮らしとなっていました。

コロナ禍でも、二人で暮らしていたときは
 買物や散歩もできるし
 家でも一緒にご飯は食べられるし

でよかったのですが、
昨年夏からはそれぞれ一人暮らし(娘は寮)となり
娘も彼氏ロス(電話はするけど)ニューカッスルロスになっていた模様。

離れてみてわかるニューカッスルの居心地のよさも痛感していました。
  過去ブログ:第2の故郷はNewcastle

ズボラ母は娘の入学前に一度しか行っていませんが
本当に落ち着いた良い街で、
絶対また行く!!
と心に誓っているほどです。
(娘、彼の卒業式も行きたかったのにコロナめ!!

ニューカッスル・ラブ!!

娘が引っ越しても、
彼のほうからニューカッスル情報は届いていたのですが
彼のほうもこの夏ついに大学を卒業し、
ロンドンにある大学院に進学することとなりました。

ニューカッスルからロンドンへのお引っ越しです!

なんだか知ってる人がニューカッスルから誰もいなくなるのは
ちょっぴりズボラ母さえも、ニューカッスルロス
訪ねる拠点もなくなっちゃった・・

彼のほうもなんだか引越し前は
友人・知人に(やっとコロナによる規制も緩和が進み)会ったりして
すっかり旅立ちモード。
切ない気分になっていました

しかし!!

ロンドンへ引越して早々、、、
「お母さん、ロンドン楽しいよ~
「早く来てーー」

とすっかりロンドンに寝返っている!!

娘も
「ニューカッスルに対して薄情じゃなーい?と。
うんうん、ズボラ母もそう思うよ!
ちょっと浮気された気分(笑)

その後も、彼はGoogle Photoで、ロンドンで訪れた名所や
大学の写真をシェアしてくれます。
(娘二人よりもずっとマメな長男)
まだ旅行気分なのかな?
しばらく国内旅行もできなかったもんねーー

写真をみると、だれもマスクしてないし
パブでも多くの人がテラス席に座り、リラックスした雰囲気。
大英博物館とかも、ズボラ母も行ってみたい。
LONDON 1

LONDON 2

うらやましいぞーー

「お母さん、ロンドンのパブで飲もうよ!
と誘ってくれる彼(長男)。
うんうん、ズボラ母もロンドン行きたいよ、、行くゾ!

LONDON PUB

ワクチン接種を2回(いや3回になるのか!?)終えて
なんとか海外へ行ける日がきたら
ロンドンも、ニューカッスルも訪れたいと思います。

ワクチンパスポートなどの運用もどうなっていくかわかりませんが
ヨーロッパ内での移動はかなり正常化が進んできているので
もう1年以上も会えてない娘と彼氏、
このクリスマスくらいには会えるといいな~~
日本から思うズボラ母なのでした。

長男!ニューカッスルのこと忘れないでね!!






yossy1421 at 20:46|PermalinkComments(0)

2021年09月03日

大学寮のグローバルな新メンバー

娘は大学寮に入っております。
1年生の最後のビッグイベント(!?)
大学寮のお掃除コンペについてはここで書きました。

  過去ブログ:学生寮のお掃除コンペ

娘が住むのはコリドータイプという
共有スペース(キッチン・リビング)に
個室(シャワー・トイレは個室内に有)が6つついたタイプ
のお部屋になります。

  過去ブログ:スウェーデンでは寮生活

1年終わった時点で、
継続して次の年も同じ部屋を使うのは娘だけで
他の5人はお引っ越し。

とてもいいフラットメイトに恵まれたので、
日本からスウェーデンに戻るときに娘は
「今回もフラットメイトに恵まれますように!!
と祈っていました。

今回はスウェーデンに戻りすぐ会えたのが
スペイン人、アメリカ人(ハワイ)、ベトナム人
のフラットメイト。

おやおや!?
1フロアに必ず1人はいるはずの中国人がいない!?
残りの2部屋に1人は中国人かな~と思っていたのですが
なんと、モンゴル人とインド人でした!

なんというバラエティ!!

クラスメイトも15国籍からなると聞いているし

 過去ブログ:クラスに15国籍!?

北欧に住んで、日本人がマイナーだとか
どの国の人がメジャーだとか
そういう感覚が無くなっているそうです

イギリスにいたときは、やはりアジア人は多いけど
大半が中国人。
韓国人も最初から(ファウンデーション時代)多かった。
でも日本人は1人・・みたいな感じ。

コロナのせいで、またしばらく遠隔授業中心のようで
留学をしていても対面で同級生に会えることが少なくなってはいるのですが
寮にいればかなりグローバルな感じですね

大学院生がほとんどのようで、
年齢的にも大人で、
日本のように大学を卒業してすぐという学生ばかりではない。
社会人を経験してから、大学院に入るという人も多いようです。

国はいろいろだけど
落ち着いた感じの人がそろっていて、
ズボラ母が聞く限りでは、穏やかに寮での日々を過ごせているようです

10代で渡英したときは
やはり周りも10代で
中にはパーリーピーポー(party people)もいます(笑)

そういうノリについていけない娘は若干ストレスだったけど
今は寮でも、大学でも、人間関係の悩みが減っているように感じます。
娘も少しずつ変わって、慣れていったのかな。

これだけの国籍があればカルチャーショックもあるでしょうー
そんな話もまた楽しみにしているズボラ母なのでした。





yossy1421 at 09:13|PermalinkComments(0)

2021年08月28日

日本を出発してしまえば・・・(スウェーデンに戻りました)

約3か月の日本での夏休み。
あれよあれよと終わっていきました。

↓夏休み中娘といった豆柴カフェ

マメシバ


コロナのおかげで
あんまり外出も思うようにできなかったし
高校時代の友達なんかもあまり会えなかった模様

大学生の夏休みってそれが楽しいのにね!

とはいえ娘は大学院生。
同級生ももう多くは社会人なのでした。
県外から帰省する同級生も、
実家に帰省はしても県外からの移動だと他の外出ははばかられる・・・

ほんとコロナ終わってーーー

それでも
 ワクチン接種2回できて、接種証明書をGETできたこと
 就活や就職について考える時間をとれたこと
 日本の家族に会えたこと
 日本に届いた3種の更新後クレジットカードなど無事受け取れたこと
  (留学してもう5年なので各種更新時期を迎えました・・)
・・・などはよかったのかな。

日本出発まであと10日くらいになってくると
気持ちはカウントダウン。

お互いに異常にさみしいモードに入ってしまっていました。
娘がさみしそうにするので
あんまり表に出さないようにしていたけど
ズボラ母も、ズボラでない父(は表に出してたか(笑))
なんだか妙にさみしい気持ちになっちゃった

みんないい加減、イイ大人なのにね

出発の日は
近くのJRの駅からいつもなら関空行のリムジンバスに乗りますが
コロナのせいでこれまた運行停止となっています。
はじめて新幹線→特急はるかで関空へ向かいました。

新幹線のホームまでは見送り。
ズボラでない父も見送りに仕事を抜けてきました。
新幹線はガラガラで、1両貸し切り状態でした。

名残惜しい気持ちいっぱいで
さみしそうな娘、大丈夫かな~~?と見送りました・・・

が!!
関空に着いて届いたLINE.

「出発するまでは泣きそうな感じだったのに
 出発したら大丈夫だったわ(笑)  
 スイッチ入ったみたいに平気。。。

とな。。
ズコーーッ(昭和なコケは許して)

「薄情だな・・」とまださみしそうなズボラでない父

↓そしてガラガラの関空。。。

関空

実家にいる間は
23歳とはいえ、
子供に戻ってリラックス
甘えていたのかも
しれないですね。

そうしてスイッチを切り替えて、
自分の人生を生きている娘、
大人になったんだなーと思います。

親たちは
なかなかスッパリスイッチ切り替えがうまくいきませんが
娘たちががんばっているのを刺激に
老体鞭打ってがんばります(笑)

集大成の留学生活ラスト1年、頑張って!!
応援を続けるズボラ母なのでした。

娘は無事スウェーデン・ルンドの寮に到着しました♪

yossy1421 at 18:38|PermalinkComments(0)

2021年08月08日

ママ、なんで教えてくれなかったの!?

「ママさーー  
 なんで中高生くらいのときに教えてくれなかったのよー

と何やら不服そうに言ってくる娘。

確かにズボラ母、
母らしいことずっとできてません
↓ココでも、しばらくダメ母だったことを自覚してない時期すらありました。
  過去ブログ:放任主義の効果!?~ホームシックにならない~

何をいまさら、
そんな母に対する不満をぶつけているのか!?

と思ったら
PDCAサイクルとかさー 
 中高生のときわかってたら、めっちゃ便利じゃん

とな!?

PDCAってアレですよね?
ビジネスで使う
PLAN(計画して)
DO(実行して)
CHECK(検証して)
ACT (改善する)

品質改善のためのサイクルですよね??

就活のためにいろんな本を読んでいる娘。
オンラインのセミナーや座談会を通して、
いろんな新しい知識を増やしているようなのです。。。

PDCAってどういうときに使うの?
突然聞いてきたので、
あーだこーだと説明したのですが
その後自分なりに腑に落ちた後に
「なんで教えてくれなかったの?」というセリフでした。

間があったので
何のこと言われているのかわからなかったよー

子供時代にやってあげられなかったことが多すぎて
心当たりがありすぎて
裁縫とか教えてあげられなかったこと?
ちゃんとしたマナーを身につけてあげられなかったこと?
部屋をどうやって片づけたりするかとか教えられなかったこと?

とめっちゃ頭のなかグルグルしました。

PDCAサイクルって中高生で知って活用するもの(笑)?
ズボラ母も会社に入ってから、
研修とかできいて
だんだんと実践するようになったこと。

まさかこのことで「母として」非難されるとは思っていませんでした

でも確かに中高生でも
勉強において、どうやって自分を分析して次につなげていくか?とか
スケジュール管理をどうするか?(試験期間?)とか
学校行事、部活に受験対策とたくさんあるタスクをどう並行管理していくの?とか
使えるところは多々あるのかもしれませんね。

ちょっと目からウロコ。

「家事とか教えなかったことを言われたのかと思ったよー」
といったところ
「そんなこと今さら期待するわけないでしょ!
と一蹴されました。。。

しかし就活で学んだ話を聞いていると
PDCAのようにこちらが説明できることもあれば
初耳みたいなキーワードもある。

今後は母として、親として
新たに教えてあげられることはますます減って
こちらが娘から学ぶことが増えるのかもしれないですね。

いや、もうすでにそうなってますね。

親を踏み台に飛び越えて
いろいろ教えてください~~

とお願いするズボラ母なのでした。

yossy1421 at 17:26|PermalinkComments(0)

2021年07月31日

文科省の支援事業でワクチン接種完了

帰国してはや2か月経過。。。
日本での夏休みもあれよあれよと過ぎていきます

6月前半は強制&自宅隔離だし
コロナで自由に出歩けるわけでもなく
大きなイベントがあるわけでもなく。

それでも、日本のごはんや、家族との時間を楽しんでいる娘です。

しかし!
これだけは帰国中にできてよかった。。。

COVID-19のワクチン接種です。

我が自治体では年代順に接種の時期が決まっているので
娘の20代は7月末からの予約・接種開始予定。
8月下旬にはスウェーデンに戻らなきゃならいため、2回目の接種が難しい

かつ、その後、我が自治体でもワクチン供給の遅れから、
ズボラ母世代ですら予約が一時停止してしまい
20代の娘はいつ打てることやら・・・

というわけで、文科省がはじめた
「留学予定者ワクチン接種支援事業」
ニュースリリースがあるやいなや、こちらに申し込みました

  ウェブサイトはこちら>> 文部科学省:留学予定者ワクチン接種支援事業について

日本の大学には属していないながら、
日本の大学拠点接種の枠組みのなかで
留学予定者も一定の条件を満たせば、接種が可能・・というものです。

県内の大学では実施がなく
隣の県まで行く必要はありましたが、
ヨーロッパの感染状況をみると、そんなこともいっていられないし
とにかく申込

条件には
「渡航先でワクチン接種が必須とされている」
という項目があり、
この裏付けとなる情報を
渡航先の国や大学院の発信から探すのは難しかったですが
ルンド大学の「ワクチン接種を強く推奨する」という文言を含む箇所を提出し、
すぐに予約はすることができました。

このことは娘のブログにも書いています。  
 もんさんスウェーデン大学院留学日記

ワクチン接種は国内でも話題になったように
体質や主義の問題から、なかなか「必須」という条件はつけづらいもの。。。
文科省のサイトも途中から、
「必須、または強く求められている」という条件に更新されていました。

そして今日、
2回目のワクチン接種も無事終了しました。

1回目は普通のインフルエンザの予防接種程度で
特に副作用もなかった娘。

モデルナワクチンで、
2回目は副作用が強く出る人が多いと聞いているので
今は「大丈夫かな~~」ととりあえずのんびりしているところです。

東京など都会ならば、
この留学予定者枠の人も多くいたのかもしれないですが
今回行った地方大学では、同じ日には娘くらいしかいなかったようで
予診の医師やスタッフの方には
「留学するんだね~」「どこに行くの?」と声をかけてもらったようです。

そして、留学予定枠はちょっと書類など手続きが違うところがあるようで
1回目のときは、
娘のフルネームを手書きで書いた紙を持った人が待っていて
今回2回目も、同じような紙が貼ってあったとのこと(笑)

空港でのガイドさんのお迎えみたいでちょっとこっぱずかしい(笑)

スタッフの方々お手数おかけしました~~

娘の案内されたレーンは
日本へ留学している外国人用だったようで
通訳できるスタッフが常駐していたそうです。

日本へきている留学生も、どうか安全に留学生活を送ってほしい!

オーストラリアにいる次女は、
まだ年代の順番がきてないので、これからのワクチン接種。
先日ホストマザーが詳しい情報をズボラ母にも送ってくれました。

このコロナ禍にも各国で
自国を飛び出して勉強をしたい大学生がいる。
友人がなかなかできなかったり
ずっとオンライン授業になっちゃったり

ただでさえ大変な留学生活なのに、みんな頑張っているんだな~と
娘の接種を待ちつつ、留学生みんなの母みたいな気持ちになってしまいました。

それを応援してくれる今回のワクチン接種事業に感謝です。

このあと娘は
ワクチン接種証明書
ワクチンパスポート
申請をする予定です。

どうか副作用があまり出ませんように~~と願うズボラ母なのでした。





yossy1421 at 18:11|PermalinkComments(0)