出発直前のホームステイ先変更成績表が届きました

2016年11月05日

日本の大学受験との両立

両立
とタイトルには書きましたが、娘はセンター試験は受けましたが、2次試験はどこも受けませんでした。

出願前にファウンデーションの入学許可書(CAS)をゲットすることができたためです

高1から
日本の大学と
海外留学と

両方考えていこう、というのが我が家の考え方。

「海外留学ありき」なのではなく、
やりたいことを実現できるのは、どのプロセスをたどるのがいいのか?と、考えられるすべての選択肢を検討してから決定するという考え方です。

娘は長女、第一子ですし、親も子供も何もかもはじめての経験 

両方の選択肢について先生留学エージェントから情報を得ながら、冷静に判断をしていったつもりです。

とはいえ娘は
「海外にいきたーーーい!!」
という気持ちも大きかったと思います。

実際行ってみて思いますが、そういう強い気持ちもないと留学生活も送れないですよね。
不便なこといっぱいです

1年前の今頃(高3・11月)は
まわりの友達もすっかり受験モード
連続してやってくる数々の模擬試験
そしてIELTS受検!!

高校の普通の勉強をしながらも、IELTSの必要なスコアがこの時期はまだとれていなかったので、とっても勉強では苦しんだ時期だと思います。

でもこれだけやったから、
これからの人生においてもまだまだ頑張れる!
のだと思います。

当時はファウンデーションに入るための200ワードのエッセイに苦しんでいた娘ですが、今日届いたLINEでは2500ワードの宿題が、まだ半分しかかけてない・・と苦しんでました

ファウンデーションの身なので、今ももちろん受験生

とはいえ、実際にイギリスに身をおいての「苦しさ」はなんだかステップアップした「苦しさ」だなーーと少しうらやましくも思ったりするズボラ母なのでした。


yossy1421 at 20:54│Comments(0)留学準備 | 高校生活

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
出発直前のホームステイ先変更成績表が届きました