2020年10月20日

2020年10月20日

クラスに15国籍!?

前回
プレゼン
フィールドトリップのことを
書きました。

 前回ブログ :プレゼンも場数が大事!?

同じグループにスウェーデン人がいたことも手伝って
娘のグループだけ思い切って
対象の都市に出向いてフィールドワークをできたのですが
スウェーデンの大学院ながら、
クラスでスウェーデン人はメジャーではないのだそう。

留学生だからってマイナーでもないのです。

以前ここでグループワークのことを書きました。
 過去ブログ :みんなやる気満々!

このときのグループには娘含め4人いて
イランやエクアドル?からの留学生も含まれていました。(うる覚え)

今回のグループは
スウェーデン人アイスランド人って言ってたかな?
今回は北欧勢ですね(笑)

クラス全体は20数名なのですが
娘含めアジア人が確か3人(中国・台湾・日本)
スウェーデン人は2人?
そのほかイタリア、フランス、ノルウェー、アイスランド、
ブラジル、メキシコ、オーストラリア・・・
などなど
15国籍いたそうです!!

メジャーもマイナーもないですね!
地球の縮図!?

日本はどうしても島国なので、
「外国へ行く
「外国で勉強する
「外国で働く
がどうしてもハードル高くなりますね。
言語もハードルでしょう。

しかしヨーロッパは本当に
国境が日本の県境くらいの感覚!?

今はコロナ禍もあり
余計に国境を越えるのが難しいご時世ですが
そのなかでこれだけいろんな国の人たちと勉強できるのはありがたい。

娘の専攻である「都市計画」のことをとってみても
同級生の国籍やバックグラウンドが違うので、
フィールドトリップできなくても
みんなの話を聞くだけで勉強になりますね!

ズボラ母も、今住んでいる日本の街の
「ダメなとこ送って!
と娘に頼まれているので、先日は
 ごちゃごちゃにからみあう電線の風景や
 道全体が影になってしまう路地
 派手な看板だらけのビル
など
写真に撮って送りました。

なんだか日本を少し客観的に見られたような
気分になっているズボラ母
なのでした。





yossy1421 at 09:24|PermalinkComments(0)留学中 | 留学生活